囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

武宮先生の棋譜並べの巻

2018-07-13 22:19:58 | 棋譜鑑賞

こんばんは

縄文人です

 

 

 

 

武宮正樹先生の打ち碁集を入手しました

早速並べてみました

 

 

 

 

 

 

武宮正樹先生黒番

林海峰先生白番

 


棋譜再生

 

 

 

 

 

 

ツケヒキ定石ですが

武宮先生、上方に構える

 

 

 

左辺が4手で模様の雰囲気になっています

 

 

左辺、箱型に

 

 

白のオオゲイマには即効、急所への打ち込み

 

 

右下は地に

白の厚みは左辺の黒模様があるため働きにくそうです

 

 

ハネだし

薄いように見えますが

 

 

左上にシチョウアタリを仕掛ける

ハネ出した石はポン抜かせてしまう

 

 

左辺の模様が固まってきました

 

 

模様をふわっと囲いました

このまま地になると勝負が決まってしまいます

 

 

白、消しにきました

 

 

すぐに相手せず

右上にもたれていきます

そしてケイマで大きく圧力をかけました

 

 

左辺をうまくまとめられました

 

 

この割り込みには驚きました

自分のダメは二つ

赤信号ですが・・・

 

 

下辺もまとまってきました

 

 

 

林先生も模様を創意工夫で削減にいかれましたが

ここで投了です

 

感想

武宮先生の碁は大きく囲う雄大さ、柔らかさと

相手のスキを逃さない厳しさの二面性を感じました

 

広げておいて相手を厳しく攻めて囲いを固めるという雰囲気でしょうか

 

 

武宮正樹先生

 

蝶のように舞い蜂のように刺す

 

とボクシングのモハメッド・アリの形容と似ていると思いました

そして今、アルゼンチンタンゴで楽しく踊られています

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 白番で厚みの碁の巻 | トップ | 投了の巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

棋譜鑑賞」カテゴリの最新記事