囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

打ち碁の反省の巻

2018-07-11 22:57:32 | 対局

 

 

こんばんは

縄文人です

 

昨日は黒先で5目負け

中央の5子を取り損ねたことが敗因と思っていました

 

しかし木原様のご指摘で

大きな流れで失敗していることが分かりました

 

立ち上がりです

 

 

 

 

縄文人、隅につけましたが

攻めの碁を目指している者としていかがなものか

 

 

 

 

木原様、カケを提案です

 

 

 

 

上辺、グイグイ押していき厚くする構想!

 

 

 

 

上辺、黒、耳の急所に打ちました

 

それを利かしておいて

左下にツケの案

かっこいいですねえ

 

 

 

左下、白さん変則な受けに下ハネ

 

 

 

 

 

木原様。2目の頭見ずはねよです

黒シチョウはよく白困る図です

 

 

 

 

下辺、先手で切り上げて中央に模様を囲う手

のびのびされています

 

 

左上の白の2眼目を作らせない攻めがありました

 

 

 

縄文人、闘争心が不足しているなと思いました

 

ご指導、深謝m(__)m

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 痛恨のミスの巻 | トップ | 黒先勝の巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

対局」カテゴリの最新記事