囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

三々入り強要の巻

2018-04-21 00:26:12 | 囲碁

幽玄の間

5級でしたが

軽い気持ちで打ち2連敗

6級におちてしまった縄文人です

まあ日本棋院の基準では

6級=弱い初段

5級=強い初段

みたいですが

世界基準と日本棋院の基準の違いはいまひとつよくわかりませんが^^

まあ、縄文人は豆腐の角先生に打っていただいて初段認定をいただいたので

そのつもりですが^^

 

 

今日は三々入り強要の定石です

 

これはみなさん最初に教わる定石ですね

 

 

 

最近こっちの方が好まれているようです

黒の外勢が厚いと思います

 

 

両ガカリも場合のパターンですかねえ

 

 

 

一間に飛びだして

カケのパターンもあります

これ白から三々入りの味もあって厚みで打つ時にはよいかもです

 

 

 

謝先生と嘉嘉様

なんか宝塚みたいで好きな写真です💛

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« お城碁の巻 | トップ | 対局への調整の巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

囲碁」カテゴリの最新記事