囲碁七転八倒

縄文人と申します。
50の手習いで始めた囲碁、
ほぼ初段で打てる感じになってきたが
ここで大きな壁にぶち当たる。

小目にコゲイマガカリにケイマ受けの巻

2018-05-06 08:08:20 | 囲碁

 

おはようございます

縄文人です

ゴールデンウイークも今日で終わり

しっかり休ませていただきました

感謝m(__)m

 

 

今日は小目にコゲイマガカリされた時にケイマで受けてみます

 

白△にかかって上方への黒ケイマ受けです

軽快な感じがします

 

 

 

白隅につけてツケサガリ

黒❺ノビ

白⑥マガリ

で一段落

続いて黒❼のツメが好点になります

 

この辺、一隅打ったら対岸の隅を広げる要領でしょうか

よくあるパターンです

右辺に打ち込まれても右上も右下も強いよという主張ですかね

ケイマ受けは辺への圧力があるということにもなりますか

 

 

 

白はケイマ受けしましたが対岸に黒の切っ先がある場合です

 

❷の位置がツメの急所

スベリをきらって⑤のブラサガリです

これだと利かされですね

 

 

対岸に相手の石がある場合は

2間受けが手堅いです

 

 

黒から詰められても腰を落としているので隅に守る余裕があります

 

 

ケイマ受けはかっこいいなあと思いますが対岸に味方がいるときが

有効なようです

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと碁らしい碁が打てたの巻 | トップ | 石を打つ順番の巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

囲碁」カテゴリの最新記事