囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

かなりの力差を感じたの巻

2018-06-14 23:10:08 | 対局

井山裕太少年

 

こんにちは

縄文人です

 

定先 黒番

投了しました

30目離されました

相当な力差を感じてしまいました

 

⑯ははじめて打たれました

⓱しか思いつきませんでしたが

❺を軽くみて左下三々入りがよかったかなあ

すでに下辺の模様は広げにくく実利的に打つべきだったのかもしれません

 

左下、切れないところを出ていく

右上、両ガカリされてペースがつかめない

 

右上はこんな感じで上を打つのがよかったかもです

 

でも

右上は普通に受けていて実利の碁の方針に転換すべきだった

 

反省点:序盤の流れで模様で打つか実利で打つか見極めよう!

    柔軟な対応をすべきだった!

 

 

 

 


棋譜再生

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 囲碁のパターンっていくつぐ... | トップ | 基本死活⑤の巻 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (木原です)
2018-06-15 19:21:30
ブログランキングが棋力と同じように
着実に上がってきていますね。

17では、H-4と受けるのが形で、それならJ-7と広げる手が打てます。
私なら、17の受けでJ-7と打ち、白が下辺に打ったら113と上辺に展開していき、右上の模様での勝負と、方針変更します。
25では43と打ちたいです。
木原様へ (縄文人)
2018-06-15 23:18:36
相手の出方で柔軟に対応した方が良いですねえ
模様の張り方がパターン化してしまい創造性に欠けています
御指導ありがとうございます
http://gokifu.net/t2.php?s=7321529072151006

コメントを投稿

対局」カテゴリの最新記事