囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

何とか打てたの巻

2018-09-14 23:14:12 | 対局

 

こんばんは

縄文人です

 

白番25.5目勝

韓国の方と打ちました

 

 

 

 

 


棋譜再生

 

反省コメントを入れています

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ううううっの巻 | トップ | 碁の大局観の巻 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (木原です)
2018-09-15 08:16:22
主導権を握っているのが良いと思います。積極的に打つと(この延長が殺し屋モードですが)、プラスが身に付くのもあるのですが、欠点が出にくくなる打ち方でもあるのです。やりすぎが弱点、と言われるくらいまでは、積極的に打つことをオススメします。
木原様へ (縄文人)
2018-09-15 19:05:33
いつもご指導ありがとうございますm(__)m

コメントを投稿

対局」カテゴリの最新記事