囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

空中殺法の布石の巻

2019-07-16 23:31:24 | 布石

 

こんばんは

縄文人です

 

アルノーインストラクター五段は

独特の世界観の碁を打たれます

 

黒番ならブラックホール

白番なら魔のトライアングル


 

今日は

魔のトライアングルを見てみましょう

 

 

②④⑥と中央に三角形を作ります

魔のトライアングル 完成!

 

 

 

一般的には隅→辺→中央の順が効率が良いことになっていますが

アルノーインストラクターは自由度の高い中央から打ちます

 

 

 

 

 

 

いきなり三々入り

これはアルノーインストラクターの構想です

 

 

右下をえぐっておいて■に打ち黒の厚みを制限します

その際右下の定石は黒が厚くなるのを嫌って途中で止めています

 

 

 

黒から圧迫されても隅は根拠を確保できています

 

 

急所に一撃

黒は根拠もなく開きも制限されて

自由度を奪われてしまいました

 

このように自らは自由自在に相手の形は不自由にさせて

主導権を握っていきます

 

 

ハザマは平気であけますし利かした石は機敏な判断で捨てて自らの体制を整えます

 

 

終局

白番アルノーインストラクター2目半勝

 

 

いかに囲碁が自由で創造性のあるものかいつも教えていただいています

 

縄文人も天元打ちを試してみましたが

勝率はなかなかでませんでした

 

良い子は真似をしないでください^^

でもたまにはこういうのもいいかもよ♪

 

 

手順を掲載しておきます

 


棋譜再生

 

 






プロレスの好きな縄文人はタイガーマスクの空中殺法大好きでしたが

囲碁にも空中殺法ってあるんですね

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 大型詰碁の巻 | トップ | 読まなくても碁に勝てる?の巻 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

布石」カテゴリの最新記事