囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

黒先勝の巻

2018-07-11 23:58:09 | 勉強法

 

こんばんは

縄文人です

今日の対局は

黒先でした

ヨセが終わって2目いいなあというよころで

白さんが投了されました


棋譜再生

 

4隅を取られたのですが

圧力をかけながら丁寧に打っていった感じです

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 打ち碁の反省の巻 | トップ | ポカの巻 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (木原です)
2018-07-12 13:21:35
左上のヨセのところまで作成しています。
http://gokifu.net/t2.php?s=3411531368593926

攻めについて補足です。2眼できるまでとことん追求すべし、と言いましたが、それだけでは厳しく、状況によって方針をかえないといけないケースもあります。
大筋としては、攻めの最初は大きく攻めて、それでも相手が地に走ったり手を抜いたり新たに荒らしにきたりしたら、殺し屋モード発動、相手の石をとことん追求していくのが理想の流れです。
木原様 (縄文人)
2018-07-13 00:08:02
大きく攻めるのが肝要ですね
参考図、ありがとうございますm(__)m

コメントを投稿

勉強法」カテゴリの最新記事