囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

地合いが延びないの巻

2020-09-25 22:48:59 | 対局

 

こんばんは~

縄文人です^^

 

 

白番18.5目負け

チャンスが見いだせぬまま負けてしまいました。

何か糠に釘的な感じでした。

 

 


棋譜再生

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 手筋がきまってうれしいの巻 | トップ | 早々の決着の巻 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

対局」カテゴリの最新記事