囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

基礎の反復トレーニングの巻

2018-06-10 08:57:02 | 棋書

おはようございます

縄文人です

 

初段になるためにはどうしたらよいか

先輩方にお尋ねしたところ異口同音に

「詰碁と手筋の基礎問題の反復トレーニングをやりなさい。」

いうアドバイスをいただきました

 

そこでやったのが

 

 

縄文人は毎日繰り返しました

考えるというより目で覚える感じです

そして1冊数十分でできるようになりました

これは強くなられている方は必ずやっている方法みたいです

 

食べちゃうぐらいにやれ!

 

野球の練習で言えばキャッチボールや素振りみたいな基本動作の習得だと思われます

自分の身体感覚にしてしまうことのようです

 

まあこの本に限らないとは思いますが

基本的なものを反復練習し

マスターした後も時々忘れないようにやることが大切なようです

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 棋書「読まなくても碁に勝つ... | トップ | サルスベリ失敗の巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

棋書」カテゴリの最新記事