囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

ダメの数についての巻

2020-07-21 22:25:03 | 詰碁

 

 

 

こんばんは

縄文人です

 

今日は詰碁プロから印象に残った問題です

一手目が悩ましです

大体急所におきたい

となるとカケツギの急所R-15かなあ

 

 

 

 

 

❶でした

これは白のダメを詰める手ですねえ

 

 

 

ダメの数は2目・・・赤信号

     3目・・・黄色信号

     4目以上・・・安全

ということで白さんのダメを2つにします

 

 

 

形が崩れて追い落としとなりました

 

 

急所においてもうまくいかない時は

ダメを2つに詰めてみるという新たな発見でした^^

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 基本を大切に!の巻 | トップ | 基本死活の勉強について考え... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

詰碁」カテゴリの最新記事