囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

今年の練習方針の巻

2019-01-14 09:12:57 | 勉強法

おはようございます

縄文人です

 

以前

豆腐の角先生に指摘されたこと・・・

実践で出てきた

初級詰碁や簡単な筋ができていない

 

「簡単な詰碁」

たくさん繰り返しやること

縄文人が考えているのは

三冊

石田芳夫先生の「基本詰碁100題」

九級から一級までの詰碁(豆腐の角先生推薦)

基本詰碁虎の巻

 

この中で基本詰碁虎の巻は豆腐の角先生からは

これは上級者向けでまだ早いと言われています

 

そこで基本死活として6目、7目、8目のスペースの所だけ

マスターすることにします

なぜなら実戦で頻出な形が多いので常識として身に着けたい

解けないので覚える感じでいきます

 

6月の宝酒造杯までにマスターしたい三冊です

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 利かしについての巻 | トップ | 西新囲碁センターの初打ちの巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

勉強法」カテゴリの最新記事