倉富和子の女のひもとき in USA

生活に緊張感を与える為に、ブログを書く事にしました!心導・縄文ストレッチ・DNAメソッドを広めるため、世界中を巡ります。

Keiko Fujimori がんばれ!ペルー大統領選 The Presidential in peru

2011-06-05 13:21:56 |  縄文心導ヒーリング
縁は奇なもの、10年前ペルーを娘たちと訪問したとき、元大統領の藤森ファミリーとご縁が出来ました。

藤森大統領失脚された後も日本で、時折藤森氏のお母様やお姉さんのヒーリングをさせていただいておりました。
Keikoさんもペルーの大統領官邸でお会いした折にヒーリングをいたしました。


藤森大統領失脚のあとの、藤森家にとってこの10年は苦難の道のりだったと思います。
頑張られましたね。
後ひと頑張りされ見事!ペルー大統領に当選されることを祈っています。






ペルー大統領選、投票を前に大接戦



 南米ペルーではフジモリ元大統領の娘、ケイコ氏が、初の親子2代にわたる日系人大統領の誕生を目指して、5日に行われる決選投票に臨みます。

 ペルーの大統領選挙は、ペルー史上初の女性で最年少の大統領を目指すケイコ・フジモリ氏(36)と、左派で元軍人のオジャンタ・ウマラ氏(48)の一騎打ちとなっています。

 今年4月の第1回投票では、ウマラ氏に水を空けられ2位となったケイコ氏ですが、貧困対策と同時に自由貿易を推進するなど財界や富裕層からの支持も得て、その後の世論調査ではウマラ氏を逆転しています。

 「経済成長の継続と資源の利益を貧しい人々のため使うことを約束します」(ケイコ・フジモリ氏)

 また、大統領在任期間中の軍の特殊部隊による民間人殺傷事件で有罪判決を受け服役中の父、アルベルト・フジモリ氏(72)については、自分が大統領になっても恩赦で釈放するなどの特別扱いはしないとしています。

 「大統領になっても、その権限を家族のため使うことは決してしません」(ケイコ・フジモリ氏)

 一方、ウマラ氏は経済の国家管理強化など、左派的な主張が敬遠されてきましたが、ここに来てそうした主張の表現を和らげ、中道勢力へも支持を広げており、直近の世論調査ではケイコ氏との差を詰め、ほぼ互角の争いとなっています。

 初の日系人親子2代にわたる大統領誕生となるのか。ペルー大統領選挙は投票を前に大接戦が続いています。



朝日新聞ニュースより
コメント   この記事についてブログを書く
« チェルノブイリの教訓、共有... | トップ | 松坂大輔投手ひじの腱(けん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

縄文心導ヒーリング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事