jokichi つれづれ日記

自然観察大好きじいさんが 見たこと 感じたこと を気ままに綴ります。

クリ の枝先に

2019-01-09 21:50:19 | 河岸段丘のこと

裸になった栗の樹を見上げると まだ落ちない イガ と 散らない葉が残っていた。
受験生のいる我が家には 吉兆 なのかもしれない。
右側には スギ の枯葉が下まで落ちずに クリ の枝に引っかかっている。

 
イガ を見ると 雄花の花ガラまでも落ちずに残っている。

 
クリ の葉は他の樹に比べると落葉は遅い樹だが この葉は遅すぎる。
詳しく観察すると落ちない枝には 虫こぶ が見える。
クリ の害虫 クリタマバチ の被害のようだ。

 
枝が重なり合う隣の樹は 数十年前から クリタマバチ に汚染されていた。
こんな枝先のその樹から害虫は移って来たに違いない。

 

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ←よろしかったら クリック をお願いします。 PVアクセスランキング にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 風を待つ ウリハダカエデ | トップ | ブナの林を歩く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

河岸段丘のこと」カテゴリの最新記事