jokichi つれづれ日記

自然観察大好きじいさんが 見たこと 感じたこと を気ままに綴ります。

カントウマユミ に見る標高差

2017-12-07 21:55:36 | 池のまわりのこと

カントウマユミ の赤い果皮は枯れ野の彩りとしていつまでも残っている。
池畔のものも何回かの雪の洗礼にも耐えてまだ赤い。

 
この樹は誰が運んだか標高110mの ウワミズザクラ の根元に芽生えた。
降雪期を迎えた今 大きく拡がった枝はまとめて ウワミズザクラ に縛り付けられている。
縛られた赤い果皮は痛々しいが こうしないと雪で枝が折れてしまう。

 
先日訪れた 標高770m程の 銀山平にも カントウマユミの自生はある。
そこでは完全に色を無くして雪原を渡る川風に吹かれていた。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ←よろしかったら クリック をお願いします。 PVアクセスランキング にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サザンカ 咲いて | トップ | マンリョウ に初めての実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

池のまわりのこと」カテゴリの最新記事