jokichi つれづれ日記

自然観察大好きじいさんが 見たこと 感じたこと を気ままに綴ります。

稔りの季節 クリ と ケンポナシ

2019-10-21 06:40:52 | 河岸段丘のこと

クリの実が落ち始めた。自生の樹だから稔る実は小さい。
小さな実は拾っても処分に困るから リス や ネズミ タヌキたちに拾ってもらっている。

 
ケンポナシ の実は面白いカタチをしている。
くねくねした茶色い虫のような部分は花柄が肥大したものだと言う。
その先端の丸いものが種子だ。丸い殻の中には黒くつやつやした種子が入っている。

3月ごろになると虫のような部分は付け根から雪の上に落ちる。
jokichi が子供の頃は拾って食べたのもだが今は タヌキ の餌になっている。
 

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ←よろしかったら クリック をお願いします。 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« チャ の花はひっそりと | トップ | ダイモンジソウ みどり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

河岸段丘のこと」カテゴリの最新記事