柔道つながり ~からみつく大外刈~

柔道を通じてたくさんの人と出会い、成長できました。
柔道に興味のある人も、無い人も、コミュニケーションしましょう!

神の子の死

2018年09月22日 | 想い
前回は「強さ」についての想いを書きました。

「本当の強さって何なんやろうな〜?」と改めて考えていたら、総合格闘家の山本KID徳郁選手がガンで亡くなったとのニュース。

まだ41歳という若さでした。

個人的には、KIDが若い時、ノックアウトした相手に対してレフェリーが止めるにもかかわらず舌を出して何度も殴り続けた試合を見たことがあって、狂気を感じるくらいのファイターでしたが、年齢を重ねるにつれて穏やかになり、その中に誰にも寄せ付けない怖さを持った雰囲気に変化していったという印象を持っています。
本当に本当に強い選手でした。相手の技を見切る勘と反射神経はNo.1でした。

30代に入ってからは怪我に悩まされ、かつてほどの輝きは取り戻せませんでしたが、僕は勝てなくなってからの方が何故か魅力的に感じました。
前十字靱帯を切ると、自分もそうだったのですが、体重の掛かり方や筋肉の硬さが変化して、微妙に身体のバランスが崩れて大きな影響が出ます。自分と同じ怪我で悩まされているという事も親近感を覚える要因だったのかなと思います。

ニュース記事からの知識ですが、彼はレスリング日本代表を目指したが挫折して、プロ格闘家を目指すも最初はうまくいかず、お金も尽きて、極貧生活の中でとことん追い込んだ時期があったとか。

そうした苦しい時期を抜け出し、実力を開花させて一気にブレイク。

名シーン動画がYouTubeにあがってました。

いや、本当に強かった。

応援していた須藤元気選手との闘い、凄かった。

K-1王者の魔裟斗選手との闘い、勝ったと思ったけどなぁ。

コンテンダーズで柔道家の小室選手と闘った試合もハイレベルな動きが見られて、とても興奮したのを覚えています。

彗星のように現れ、神の子と言われた山本KID徳郁選手のご冥福をお祈りします。



さて、テストが近付いて来ました。

三連休の1日目だけ早朝練習を行いました。ユーシン(1年)の背負投の形も少しずつ良くなってきて、体力も付いてきました。全力で打込100本できるようになったので、次のステップへ移りましょう。
課題である寝技に関しては、まだまだこれから沢山乗り越えてもらわないといけないので、頑張ってもらいます。


部員1人でここまでやれる君は強い!

11月の大会まで、ベストを尽くして行きましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 強さへの憧れ | トップ | 闘いのステージは人それぞれ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

想い」カテゴリの最新記事