広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大阪)ロボット開発者の育成拠点を新設 大阪工業大

2017-06-16 09:20:07 | 日記


 大阪工業大は23日、大阪市旭区の大宮キャンパス内に、ロボット開発者の育成拠点「ロボティクス&デザインセンター」を開設した。海外の大学や国内企業、地元商店街と連携し、高齢者を支えるロボットの開発につなげる考えだ。ジョーダン スニーカー/p>

 広さは約275平方メートルで、机やいすなどの配置が自由に変えられ、学生らは機械、建築、デザインなどの分野を越えてアイデアを話し合える。


 ドイツのミュンヘン工科大やトヨタ自動車など約10社と進める、乗り物やトイレといった様々な製品開発に携わる。また、地元の千林商店街の協力を得て実証実験をする計画で、本田幸夫センター長は「地域に密着した活動で新技術を社会に浸透させることができれば」と話す。(大宮司聡)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5分で簡単にできる旬な一品「... | トップ | (気がるにもてなし流)ティ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事