考える英語 (英作のススメ)

身の回りの事から、社会情勢まで、幅広い事柄を、自分の知っている簡単な英語で表現する。

英作『平成史3.(国の内外で様々な出来事が発生)』

2019-05-26 19:25:06 | 英作 解答

英作問題『平成』

3.平成は、国の内外において、実に様々な出来事が発生した。

⇒ 英作する際には、よく想像することが大事である。日本語を見て、その字面だけを英語に移し替えようとする人も多い。いわゆる直訳である。直訳では、不自然な英語になり、通じにくい。字面だけを移し替えるのなら、機械で十分である。心を持つ人間なのだから、存分に心を用いて、相手の『意』を汲んで、自然な英語に訳したい。まさに直訳ならぬ、『意』訳である。そのためにも、直感も大切だが、練習の段階では特に、よく考えて想像し、分析して、自分のよく知っている簡単な英語を自らの内より引き出すようにすることが大事である。

さて英作に入る。

国の内外、という言い方を耳にすることがある。こういう格式ばった日本語は、即自分の中で、簡単な日本語に変換する必要がある。

国の内外とは、要するに、日本と外国で、ということ。

様々な出来事とは、簡単に言うと、多くのことなので、many things など。

発生するということは、起きるということなので、happen を使うとよい。内外に関しては、やはり英語としては、in とout(side) を使えばよい。国の内外の内とは国の中で、国と言っても日本に他ならないので、in Japan である。では対するに内外の外は、やはりout(side) なので、in Japan and outside Japan 。よって

・In Heisei era, so many things happned in Japan and ouside Japan. 

・In Heisei era, so many things happned inside and outside Japan. 

 

他にも考えると、発生するは、もっぱらhappen が使いやすい。外国に関しては、他では、外国ということは、言い換えたら、他の国であるので、other を使い、

・In Heisei era, so many things happned in Japan and in other countries. 

 

国の内外とは、内は日本だが、外とは、外国であり、世界のことである。よってworld を使い、

・In Heisei era, so many things happned in Japan and around the world. 

 

他にもas well as (=too, also, and  ) などを使ってもよい。様々なことが発生するということは、普通は、だいたい悪いことや、悲しいことである。badやsad を使って

・In Heisei era, so many bad things happened in Japan as well as in other countries. 

・In Heisei era, so many sad things happned in Japan and in other countries. 

 

様々なことが発生する、ということは、いい悪いで考えると、当然悪いことだろう。悪いことが起きる、ということは、社会にとっては『問題』である。よってproblem を使い、

・In Heisei era, the world, including Japan, had so many problems. 

・In Hesei era, Japan or the whole world had so many problems. 

 

様々なことが発生する、ということは、感情で考えると、当然『驚くべきこと』である。surprise を使い、

・In Heisei era, Japan or the whole world had so many surprising things that happned to them. 

 

様々なこととは、一体何を指すのか。具体的に考えると、例えばやはり、事故や、災害であろう。

・In Heisei era, we had so many accidents or natural disasters in Japan and around the world.

 

様々のことが発生する→驚くことが起きる→心にとっては衝撃であるので、shock を使い

・In Heisei era, we were shocked by so many things or accidents.

 

様々なことが発生する、ということは、ひどいことを体験する、ということであるので、experience を用いてみる。

・In Heisei era, the world experienced so many terrible terrible things. 日本の内外なので、主語は、ひっくるめて、要は世界と考えてworld としてもよい。

 

様々なことといっても、いい悪いで言うと、だいたい悪いことだろう。よってbad を使い

・Heisei is the time when we experienced so many bad things. 

 

上記のような日本語でも、日本人として、平成を過ごしてきた人間としての実感をもとに、英文を作成している。日本語を見ているのだが、念頭にあるのは、日本語というよりは、私の日本人としての、平成という時代のイメージであり、その色々あった平成という時代のイメージを心に描いて、そのイメージ自体を、自分の知っている限りの英語で、言おうとしているだけである。日本語を見過ぎたら、日本語に引っ張られて、自分の知っている英語は影をひそめる。母国語の影響は、想像以上に大きい。

日本で暮らしながら、英語に熟達するために、必要なことは種々あるが、いかに日本語を忘れることができるかが、練習及び上達の鍵となる。

 

 英会話スクール English and Beyond のホームページはこちらです! (^^♪


コメント   この記事についてブログを書く
« 猫になれ!? 英会話のコツ | トップ | 英作『平成史4.(相次ぐ自然... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿