考える英語 (英作のススメ)

身の回りの事から、社会情勢まで、幅広い事柄を、自分の知っている簡単な英語で表現する。

英作『大相撲2(各地で巡業)』答と考え方

2018-03-12 20:54:41 | 英作 解答

『大相撲』

2. 日本各地で巡業が行われる。

⇒巡業とは何だろうか。普通、人はこういう場合『巡業』を和英辞典(ネットでも)で調べる。

まあ知らなければ、そうするしかないと思うだろう。

私だって、えらそうなことを言って、巡業なんて英語知らない。でも知らなくても構わない。

知らないということは、考えるチャンスなのだ。実際の英会話で知らないからと言ってその都度調べる暇はない。

 

知らなければ調べる。殊勝な態度であるが、それなら知らないものは全部調べる、ということになり、会話なんて全然できない。

スマホ(機械翻訳)片手に話す。または和英辞典に首っ引きでしゃべる。

人と話しているのか、スマホと話しているのかわからなくなる。それでは真の人間らしいコミュニケーションからは程遠い。

まあいずれにしても、実際の英会話では、便利な道具に頼るヒマはない。自分の中にあるものだけで勝負するしかない。だから日頃の練習が大事なのだ。

考えるのだって、常日頃、自力で考える習慣がなければ、必要な時に考えることはできない。第一、調べてばかりいたら、英会話なんか何も面白くない。

自分で考えて、自分で話すから英会話は面白いのだ。

和英辞典なんかなくても、自分でなんとか言える。

そんなたくましさが欲しいものである。

間違えることを恐れない。

人に頼らず、自分の力で何とかする。

英語の勉強は、英会話の修行は他力本願ではダメである。英語は自力本願である。

 

さて『日本各地で巡業が行われる』を考える。

 

お相撲さんの立場で考えると、『日本各地で巡業が行われる』とは、

日本のあちこちに行って、相撲を人に見せることである。『あちこちに行く』とは『たくさんの場所に行くこと』である。よって、

 

・Sumo wrestlers go to many places and show sumo (to people). 

 

巡業とは、取り組みとは異なり、趣旨としては、相撲を見せて、地元の人たちとの交流の場ということであろう。いわゆるイベントである。have を使い

・Sumo wrestlers go to many places and have a sumo event. 

 

通常の『場所』といった公式の試合ではなく、相撲のパフォーマンスを見せるという場であるので

・Sumo wrestelers go to many places and show sumo performance.

 

簡単に言うと、相撲取りが各地に行って、人が見ると考えて、

・Sumo wrestlers go to many places and people see sumo performance. 

 

『巡業』という日本語にとらわれると、どうしても『回る』という意識になり、rotate や、circulate, といった、難しい単語を持ち出してしまう人も多い。難しい格式ばった英語は、使われる場面が限定されている。だからその単語がどう使われているかを、辞書(英英辞典、英和辞典)で確認する必要がある。難しい使い方をよく知らない英語を使って間違えるよりも、簡単な英語を使う方が自然でよい。基本英語は普遍性がある。普遍性があるということは、幅広く使われるということ。だから間違えることが少ない。確率的に言うと、より通じるということになる。

考え方で言うと、巡業ということは、簡単に言うと、多くの場所に行くこと。この考えるというプロセスを経ることで、不自然な英語を避けることができる。

うちの教室で goの使い方を練習した方であれば、『巡業』という日本語も、考えたら go to many places のことであることが判明するだろう。覚えた英語は、考えて、そして使うことである。活用、応用する力が語学力である。ある生徒さんは、go to many cities and play sumo. と訳した。基本構文のgo to many places をcities に変えて応用されていた。お見事。

『各地で』というと、これも何というか迷うが、要するに『たくさんの場所で』ということなので、have を用いて

They have sumo events in many places. というのもよいだろう。

 

他にも色々あるでしょうが、これくらいで。
 

 英会話スクール English and Beyond のホームページはこちらです! (^^♪  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加