考える英語 (英作のススメ)

身の回りの事から、社会情勢まで、幅広い事柄を、自分の知っている簡単な英語で表現していきます。英会話教室をやっております。

英作『コロナ禍9(回復、脳に異常、救急搬送)』

2022-01-07 17:11:00 | 英作 解答

Coronavirus Crisis /コロナ禍

9. ある芸人さんが、コロナにかかり、回復したが、数か月後に、脳に異常があり、救急搬送された。

⇒ コロナにかかるは、これまで何度も登場している通り、get を使うのが、最も多い。

・A comedian got COVID.

かかっていた、ということでhave も使える。

・A comedian had COVID.

その他は、

・A comedian got sick with COVID.

・A comedian got infected with COVID.

など。 have や getが最も一般的(common) だ。

『コロナにかかり、回復した』ということなので、

・A comedian got COVID and got well.       get /get でゴロがよい。recover もある。

・A comedian got Covid and recovered from it. 

 

回復したということは、もう病気ではない、ということ。

・A commedian got sick with COVID. He is not sick any more. 

回復したということは、もう大丈夫ということ。

・A comedian got COVID. But now he is OK. 

回復というと、get well が最も簡単で一般的な言い方で、他にもrecover があり、難しくはrecuperate などもあるが、英作的に考えると、単純に

I am OK. という意味であるということも、発想としては覚えておきたい。

該当する言い方を知っていたとしても、あえて練習として、簡単に言い換える訓練をしていれば、他でもし知らないことがあっても、知っている英語で間に合わせることができる。

たとえズバリの表現を言えたとしても、そのトピックを色々話して、深めることができるのは、結局は、自分の言葉で簡単に言い換える能力である。

語学の本当の力は、どれだけ、基礎的な英語が、自分の手足のごとく自由自在に動かせるかに、かかっている。

 

他にも、『コロナにかかって、その後回復』は、

 回復 → 大丈夫 → 問題がない  ということなので、

・A comedian got COVID. But now he has no problem.

 回復するということは、具体的に言うと、病院、医者、薬がもう不要だということなので

・A comedian got COVID. Now he doesn't have to go to the hospital. /he doesn't have to see a doctor. /he doesn't need medicine. /He doesn't need treatment at (the) hospital.  と考えれられる。

 

『数か月後に、脳に異常があり、救急搬送された』 課題の後半部分に移る。

脳に異常がある。異常と聞けば、abnormalが出るかもしれない。しかし、その単語をどう使うかが、大事である。使い方がわからなければ、まだその単語を使うのは早いだろう。abnormal を使わずとも、考えたら、脳に異常は言えるはず。

脳に異常とは、どういう意味だろうか。

脳に異常とは、脳に問題がある、ということ。

・The comedian had a problem with his brain.

 

問題がある、の使い方に関して、 have a problem with となる。すごく応用が利くので、覚えておきたい。

脳に異常がある、ということは、wrong という語を使えば、

・Something is wrong with his brain. 

・There is something wrong with his brain.  となる。

医療表現で、What's wrong (with you)? どうしましたか? というのがあるので、ご存知の方も多いと思う。

脳に異常がある、ということは、脳に何かがあった、起きた、ということ。

・Something happned to my brain. 

 

『救急搬送された』

普通よく言うのが、

・He was taken to the hospital.    take が連れて行くの意味。受動態で、病院へ連れていかれる。特に救急車(ambulance)と言わなくてもわかるが、あえてつけると。

・He was taken to the hospital by ambulance /in an ambulance.  

 taken to  の所は、carried (carry), brought (bring), sent (send) も可。 

救急搬送ということで、救急車を強調するならば、救急車を呼んだ、として

・They called an ambulance.  などでもよい。

救急なので、急いでいる感を出すのであれば、

・He was taken to the hospital quickly. 

・He had to be taken to the hospital right away /immediately(すぐに). 等もよい。

 

『ある芸人さんが、コロナにかかり、回復したが、数か月後に、脳に異常があり、救急搬送された』まとめると

・A comedian got Covid and got well. Several months later, he had a problem with his brain. He was taken to the hospital. 

・A comedian had Covid. After that, he was (perfectly) OK. But after several months, he had a problem with his brain, and he was carried to the hospital by ambulance. 

・A comedian got Covid. Later, he was OK and left the hospital. 3 or 4 months later, there was something wrong with his brain. They called an ambulance that took him to the hospital right away. 

など色々言えるだろう。

一つの事柄を、様々な観点から見て、色々な表現で言えるようにすることで、表現力、説得力がつく。そして、一言いうたびに止まってしまうということがなくなっていく。

 

知識を得ることは、大事である。

その知識を活かすことは、もっと大事である。

英語の知識の活かし方を、英作練習は教えてくれる。

 

英会話スクール English and Beyond のホームページはこちらです! (^^♪

(初心者から、英検1級レベルまで、幅広くレッスンを行っています。お気軽にお問合せ下さい。)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新年のごあいさつ(2022年)

2022-01-07 17:09:00 | 英語学習

みなさま、新年あけまして、おめでとうございます。

英語学習は、進んでおられますでしょうか。

英語が話せるようになるためには、色々なことを、しなければなりません。

たくさんの覚えるべき知識があり、日々努力を重ねておられますことでしょう。

その一方で、覚えた知識は、使わなければ、体内で消化不良となります。

持てる知識を最大限活用して、自分の英語を道具として、ピカピカに磨き上げて、いつでも使える状態にする。

それが、英作練習の目的です。

今年こそは、英語が上手くなろう。そう思われる方も多いでしょう。

自分の持つ道具(単語、表現)の価値を再発見して、道具をいかに使いこなすか。

道具の性能を活かし、その可能性を最大限引き出すべく、自ら考え、英作の練習をされ、今年こそはぜひ、自力で英語を話せるようになる、という目標を実現して頂ければと願っております。

妙な英作のブログでありますが、自分の頭で考えるという、習慣が身に付きましたら、簡単な英語といえでも、その運用力が、格段に高まり、それに伴い、英語の表現力が増し、自力で英語が話せる醍醐味を味わうことになられるでしょう。その一助となりましたら、幸いです。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

英会話スクール English and Beyond のホームページはこちらです! (^^♪

(初心者から、英検1級レベルまで、幅広くレッスンを行っています。お気軽にお問合せ下さい。)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

英作『コロナ禍8(後遺症)』

2021-12-14 21:18:00 | 英作 解答

Coronavirus Crisis /コロナ禍

8. コロナにかかると、後遺症が出る可能性がある。

⇒ 普通は、例えばこのように、病気やコロナの話をするといった時に、『後遺症』と言いたい時に、その単語自体を知らなければ、英会話ではお手上げになってしまう。

知っているか、知らないかで決まるのであれば、もうそれ以上会話は進まない。テレビのクイズや、試験であれば、その知識がなければ、答えられないであろうが、英会話は、知識のあるなしで決まるものでもない。

後遺症とは何か? 

後遺症そのものの英語を知らないとして、どうするか。

知らないのであれば、考えることである。

考える際の方向性としては、自分の知っている英語を使うことを念頭に置くことが大事である。考えるといっても、複雑にしてしまっては、訳せない。考えるのは、物事をシンプルにするためである。だから、子供に話す、もしくは子供が話すような日本語に直すことが必要である。それを私は、極端な形で、赤ちゃん言葉で考える、と言っている。

後遺症とは、何だろうか。

大きく分けて、良いか悪いかで考える。

当然、後遺症は、悪い方のカテゴリーに属するだろう。

悪い方ということは、それは人生において、困ったことであるわけである。

困ったこととは、要するに何か。

それらは、人生において、問題に他ならない。よって、問題=problem が使える。

・You will have some problems 

『コロナにかかると、後遺症が出る可能性がある』

後遺症とは何か。時間という観点で考えると、後遺症とは、発病した際、その問題が長期間に渡るわけなので、

・When you get coronavirus, you may have problems for a long time.

   have でもよい。

・When you have coronavirus, you may have serious problems for a long time. 

 

後遺症というと、ズバリで言うと、after-effects という。have とセットで

・You may have some after- effcts when you get Covid-19. などと使う。(affter effects 等COVID関連表現は、教室では、COVID【医療編】の暗唱文(33文)の中で覚えてもらっている)

after-effects を知らなければどうするか。考えればよい。後遺症も『問題』であることに他ならないので、上記のように言えば簡単に表現ができる。会話では、自分の知らないことなど、いくらでもある。知らないことが出て来るたびに、辞書やスマホをみて調べるほど、面倒で、興ざめなことはない。ひとこと言って終わるのではなく、話し続けることである。話続ける力、表現力を英作で練習しているのである。

後遺症、ということであるが、病気が発症して、入院等をして治療を受けるが、症状がずっと出続けるということだろうから、症状symptoms を使うと

・When you get Covid, you will have symptoms for a long time. 

後遺症ということは、病気になって、しんどい(苦しい)状況が続くので、おなじみの sick を使うと、

・When you get Covid, you will be sick for a long time. 

・When you get sick with Covid, you will be sick for a long time. 

・When you get Covid, you may be sick for a long time. 

・Covid will make you sick for a long time. 

 

後遺症が続くということは、病気になって、なかなか治らないということになる。

・When you get coronavirus, you can't /won't be able to get well soon. 

・It will take a long time before you get well after you get Covid.

・It will take a while before you can recover from the Covid. 

・The Covid symptoms will last/continue for a long time. 

 

後遺症が続くということは、いったんコロナにかかると、長らくコロナ(ウィルス)を持つことになる、と考えると、get とhaveを使って、

・When you get Covid, you will have Covid for a long time. 

これは、風邪をひくという時に使う、get とhave を考えると、わかりやすい。I got a cold last week, and I still have a cold. (先週風邪をひいて、今まだ風邪をひいている)

 

さらに考える。

『コロナにかかると、後遺症が出る可能性がある』

後遺症が出る、ということは、その結果どうなるかというと、入院、通院等が続くことになる。

・You will have to go to (the) hospital for many days/times. 

・You will be in the hospital for a long time.

・You will be hospitalized for a long time. 

・You will have to see a doctor or take medicine for a long time, once you have Covid. 

こういうのも、直接的には『後遺症』とは一言も言っていない。しかし、全体として、病気になった後の大変さを言うことを通して、間接的に『後遺症』を伝えている。

こう考えれば、いくらでも言いようは、ある。

 

その言葉を知らなくても、あきらめる必要はない。

頭を柔軟にして、考えることを手放さなければ、必ず英語で伝わる。

その事柄を、絶対に伝えるのだ、という強い気持ちが、不可能を可能にする。

 

英会話スクール English and Beyond のホームページはこちらです! (^^♪
(初心者から、英検1級レベルまで、幅広くレッスンを行っています。お気軽にお問合せ下さい。正しく練習すれば、英語は必ず上達します!オンラインでもレッスンを行なっています。)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

英作『コロナ禍7(老いも若きもコロナにかかると大変)』

2021-11-17 15:12:00 | 英作 解答

Coronavirus Crisis /コロナ禍

7. 別に高齢者でなくとも、若くても、コロナにかかると、大変だ。

⇒ 考える、ということを英語学習において勧めている。

英作においてもそうだし、教室においても、普通は学習者には難しいとされているTIME他、様々な媒体を用いて、これはぜひ読んで、考えて欲しいというものを厳選して、読んでもらっている。英語の勉強にというのも、さることながら、むしろ英語の向こうにある世界の様々な問題を見て、それらの問題を読んで自ら考えて欲しいと思って、難しそうなものであっても、果敢に読むことに挑戦してもらっている。

『コロナにかかると、大変だ。』

大変て、一体どのように大変なのか考えることが大事である。

大変というのは、人生大変な事ばかりであるが、ことコロナという病気に関することで、大変とはということなので、明らかに、発症して大変だということ。こうなると、以前に書いた、sick という英語を使うとよいだろう。

  (sick に関して→英作問題『コロナ禍5(高齢者・基礎疾患・重症化)』をご覧ください)

 

『別に高齢者でなくても、若くても、コロナにかかると、大変だ。』

簡単に言うと、高齢者も大変だし、若者も大変なのである、コロナになると。

・Elderly people may get very sick when they get covid.   Young people may get very sick when they get covid.

・Both Elderly people and young people may get very sick when they get coronavirus. 

sick=病気の、という単語だが、very をつけるだけで、すごく病気→『すごくしんどい』『症状が重い』という意味で使われる。

難しい単語を覚えるのも、もちろん大事だが、こういった簡単な単語の使い方に習熟することこそ、英会話の熟達には必要不可欠だ。やはり生の英語を、どんどん読んで聞いて、インプットをすることが大事だし、英英辞典などもぜひ読んで欲しいと思う。英英辞典は、情報の宝庫である。

 

Aだけでなく、Bもそうだ、 という構文( not only A but also B)を知っていれば、

・Not only elderly people but also young people may get very sick when they get coronavirus. 

 

主語をコロナに変えても言える。make (使役、~させるの意)を使うと、

・Coronavirus will make both elderly people and young people very sick. 

・Coronaviurs will make both young and old people very sick. 

 

sick のみならず、他の言い方も使えるだろう。Not only "sick", but other expressions can be used, too. 

大変、ということは、症状で言うと、重症化すると考えて、以前に紹介した、have symptoms を用いて、

・Both young and old people may have severe symptoms if they get cornaviurs. 

 

さらに考える。大変だということは、問題があるということなので、have a problem を使い、

・Elderly peole will have serious problems when they get coronavirus. Young people, too. (→So will young peole. /The same goes for young people. )

・Both young and old people will have a lot of problems if they get coronavirus. 

 

問題というと、trouble という語を思い浮かべる方も多いだろう。trouble ならば、in trouble という形式をとる。

・Both young and old people will be in (serious) trouble if they get coronavirus. 

※have trouble は、~するのが難しい、と言う意味になるので注意が必要。例)I have trouble breathing. (呼吸困難)

 

大変だ、ということは、重症だということ。重症とは、軽症と異なる。どう異なるか。生死の境をさまよう。簡単に言うと、死ぬかもしれないということ。よって、

・Even if you are young, if you get covid, you may die. 

『大変だ』という簡単な一語であるが、その意味する所を考えて、深く掘るならば、その意味するところは、結局、死ぬ可能性だとわかる。そうすると、die という簡単な英語で、言い表せることとなる。

will は未来(だろう)を表し、may は可能性(かもね)を表す。

You will die. なら、ほぼ確実に死ぬ。You may die ならば、死ぬ可能性がある、ということで、不確実性なので、死ぬかもしれないし、生きるかもしれない。なんか当たらぬも八卦当たらぬも八卦の占いみたいだが。

簡単な助動詞のmay だが、なかなか人は、意外と使わない。可能性というと、likely やpossible を使う方も多いが、正確に使いこなすためには、英和、英英辞典などで例文を見て、使用例をよく参照する必要がある。そういう難しい(難しくもないが)言い方もいいが、基本の助動詞である、may なんかをよく使いこなして欲しい。可能性と言っても、確実ではないのだから、その反対は、恐らく(たぶん)そうだということなので、may という話である。

may でもmaybe でもいいが、知っているはずの英語が、出ないのは、なぜか。日本語で考えているからである。もしくは、頭に浮かぶ日本語を、そのまま直訳していることが原因である。

日本人なので、日本語が頭に浮かぶのは、当たり前かもしれない。しかし、頭に浮かぶからといって、そのまま単語レベルで英語に置き換えても、自然な英語には、大抵ならない。

本当は、本来的には、いっそうのこと、英語で考えるようにするのが、近道なのであるが、英語で考えるということは、多大な修練と、覚悟が要るので、おいそれとはできないかもしれない。英作修行の行く果ては、Think in English に他ならないのであるが、その途上においては、特に難しい日本語においては、英作の発想で、その日本語の意味を本質レベルで英語に置き換えるということを行なう必要がある。

頭に、ある日本語が浮かんでも、そのまま英語にするのではなく、その日本語自体に吟味を加える。自分が言いたいことは、一体何か。自分がそう思うのは、なぜか。

自分の想いと言葉。それらをちゃんと自分で考えて、なぜ自分はそう思うのかを考えることができれば、それらは他ならぬ自分の想いなのだから、必ず自分の言葉で、簡単な身近な英語で言えるだろう。

 

英会話スクール English and Beyond のホームページはこちらです! (^^♪
(初心者から、英検1級レベルまで、幅広くレッスンを行っています。お気軽にお問合せ下さい。)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

英作『コロナ禍6(コロナに対して楽観的なのか)

2021-11-01 16:06:00 | 英作 解答

Coronavirus Crisis /コロナ禍

6. 若者は、コロナにかかっても、またすぐ直る、と楽観的なのか。

⇒ 楽観的とは、どういうことか。

逆に言うと、悲観的であるが、楽観的といい、悲観的といい、コロナに対して、楽観的、悲観的とは、どういうことを意味するのだろうか。

楽観的から考えると、わかりにくければ、悲観的から考えてもよい。

普通、一般的には、コロナに関して言うと、多くの人にとっては、コロナに対する態度は、おおよそ悲観的であろう。

もう少し具体的にみると、何に対して悲観的かというと、コロナにかかったら、治らないのではないか、重症化するのではないか、次にコロナにかかるのは、私ではないか、コロナ治療の特効薬は、なかなかできないのではないか等を、それらのマイナスの観念要素をひっくるめて『悲観的』と言っていると考えられる。

こういった、諸々の、悲観的な思いは、つまるところ、どういう英語で言い表せるか。

よっぽどのプラス思考や、楽天的な人を除き、多くの人たちは、その思い『悲観的』を抱いているはずである。

そろそろ、英語にしたいのだが、その英語は、使い方としては、普通、将来を『悲観』する際に使われる英語である。

将来を悲観することを、普通は、心配する、という。心配は、初心者でも知っている、worry という単語である。

改めて、課題文を見てみる。

『若者は、コロナにかかっても、またすぐ直る、と楽観的なのか。』

コロナにかかっても、楽観的ということは、言い換えると、コロナにかかったとしても、すぐ治ると高をくくっていて、特に心配をしていない、ということと考えられるので、

・Young peopel are not worried.

 となる。

コロナにかかっても、すぐ治る。これなど、簡単に get で十分である。

・They get COVID.  (コロナにかかる)

・They  get well.      (回復する)

『若者は、コロナにかかっても、またすぐ直る、と楽観的なのか。』

かかっても、すぐ治る、というのは、正確に言うと、かかっても、すぐ治ると『思っている』ということなので、think を補い、

・Young people think that they will get well soon after they get coronavirus. 

となる。

そこに『楽観的なのか』を入れて、

・Young people think that they will get well soon after they get coronavirus. They are not worried. (about getting covid)

(コロナに関して)楽観的ということは、つまりコロナを恐れていないということとなる。

・Young peole are not worried. = Young people are not afraid of coronavirus. 

 

楽観的というと、optimistic というのがある。

英作の観点から言うと、知らなかったら、知らない状態で、どうやって戦うかという、戦い方を考える。

普通、知らないということは、困ることであり、不利な状態だろうが、英語を話すといった時には、知らない時こそ、自分の力を試すチャンスだと思って欲しいと思う。

ある程度英語を勉強されている方は、optimistic がすぐ出ると思う。でも、だからと言って、このコロナの文脈で、機械的にその語を当てはめてもいいのか、わからない。私ならば、やはりnot afraid や not worried がこの文脈での自然な英語だと感じる。日本語で楽観的と言っているけれども、悲観的に対する、悲観的を意識した楽観的と、悲観を吹っ飛ばした、底抜けの楽観的というものがあると思う。optimistic という場合、特にこのコロナの文脈において、optimistic というと、どうしても底抜けの、明るさを感じる。

英英辞典では、expecting good things to happen or something to be successful. (良いことが起きる、何かが上手く行くと期待すること)とある。

コロナに対して楽観的と言っても、その実は、コロナを意識しない、考えていない、重く受け止めないと言ったことであり、別にそれによって、よいことが起きるまでは行かないだろう。

まあ、微妙なニュアンスはさておき、英会話の上達ということを考えた時、誰だって人に頼らずに、早く自分の力だけで好きに英語を話せるようになりたいと思うだろう。そのためには、知らない事柄が出てきたら、本当に私は知らないのか、本当は言えるのではないかと考えたら、結構習って来た範囲の英語で、言いたいことは言えるものである。それに気づいて頂きたい。

私は、知らない。謙虚にスマホに頼るのもいいが、その謙虚さが、自分の頭で考えることを放棄させるものであるならば、英語の上達からは程遠いこととなる。もっと大胆に、自分の力で考えて、自分の英語で表現する醍醐味を味わって頂きたい。

 

 

英会話スクール English and Beyond のホームページはこちらです! (^^♪
(初心者から、英検1級レベルまで、幅広くレッスンを行っています。お気軽にお問合せ下さい。多くの洋書、洋雑誌を読み、英語で考え、英語で自分を表現できるように、なりましょう!)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする