ビリの寝言

テレグノシス大好き夫婦とビリとの想い出の中でのグータラ生活、
そして一口出資馬への応援をマイペースで書こうかな、と。

最後の愛馬に逢いに行きました!

2022-08-01 | 日記
7月18日山元TCにソーヴァリアントに逢いに行きました。
一口引退を決めた私にとって最後の愛馬となる馬です。
昨年のチャレンジカップ優勝の時には阪神競馬場でその雄姿を見る事が出来ました。
しかしコロナのせいで口取りも出来ず、馬の近くに寄ったこともありませんでした。
それに山元TCに行く機会も無くなる気がして行ける時に行っておこうと思い立ちました。

ソーヴァリアントの術後の経過は順調のようです。
さすがに馬体の張りや毛艶はイマイチの感はありましたが調教を重ねれば
中身も出来ていくと思います。
牧場スタッフのソーヴァリアントに対する評価は相変わらず高かったです。

復帰戦は9月のオールカマーを目標にしているようで徐々に具体的になってきました。
それでも美浦TCに帰ってからの本気の調教が心配なので、
今は慎重に丁寧に進めてほしいとお願いしてきました。
やっとソーヴァリアントに逢うことが出来て嬉しかったですね。
無事に競走生活に戻れることを祈りながら帰って来ました。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最後の愛馬!

2022-06-06 | 一口出資馬(現役)
昨年一口を引退する事を決めました。
サンカルロ、テレグノシス。そして今年になってマイネイサベルを相次いで亡くし、
競馬界への不信感も強まると同時に私自身の高齢化もあった為です。

去年から募集にも応募せず今ではソーヴァリアントが最後の愛馬となりました。
最後に素晴らしい馬に巡り合いましたが現在は骨折療養中。
秋口には復帰できると思います。
私の一口生活の締め括りとして活躍を心より願っています。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

長い間ありがとうございました!

2018-12-31 | 日記
2018年ももうすぐ終わろうとしています。

時を同じくしてしばらくこのブログをお休みする事にしました。

愛馬が少なくなったし、今後はテレグノシスとサンカルロの血縁産駒がいれば出資しますが、

可能性も薄いので期待出来そうにありません。実質的な一口引退と思っています。

時に気が向けば馬以外の事も含めて更新するかもしれませんが、、、今は分かりません。

長い間お付き合い頂き本当にありがとうございました。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リードザヴァン デビューに向け準備中! 

2018-12-20 | 一口出資馬(現役)
リードザヴァンの追い切り内容、イマイチのようです。

リードザヴァン(2歳・牝)(本田優厩舎)(2016年2月29日)
    父・ルーラーシップ
    母・ラントゥザリード(タニノギムレット)
「ゲート試験による反動等もなく、12月19日(水)にCWコースで速めが行われました。動きとしては まだ物足りませんが、デビューに向けて引き続き厩舎で仕上げていく構えです。」
                      (栗東TC)             
             2018年12月19日 助 手 栗東 CW 稍 74.8 -59.8 -44.1 -13.9
                  ダンツシャープ(新馬)馬ナリの外を0.4秒追走4F併0.2秒遅れ 6 末強目追う

                      (12月19日クラブHPより)

   確かに時計は物足りませんね。焦らずにもっと乗り込んでしっかり作ってほしい時です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ソーグリッタリング 立て直し!

2018-12-18 | 一口出資馬(現役)
一つのミスが連鎖的に影響する事をソーグリッタリングが体験しています。

 ソーグリッタリング(4歳・牡)(池江泰寿厩舎)(2014.2.19生)
     父・ステイゴールド
     母・ソーマジック(シンボリクリスエス)
「グリーンウッド到着後はウォーキングマシン70分間の運動を行っています。毛艶は今ひとつで、
 コンディションが落ちている様子がうかがえます。全身にショックウェーブによるケアを施して
 おり、しっかりと休ませることを検討しています。現在の馬体重は488kgです。」

                       (グリーンウッドTC)
                       (12月17日クラブHPより)

   やはりキャピタルSのF.ベリー騎手のまずい騎乗が尾を引いたようです。
   無理をしての中1週でリゲルSに出走したのが影響しているのでしょう。
   こうなると返す返すもベリー騎手の騎乗に腹がたちます。
   コメントの通りしっかり休ませて態勢を整えてほしいですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする