「弥勒の世」公式ブログ

「弥勒の世」とは、日本を盟主とした地球連邦国と地球平和革命の活動である。

タイムトラベルの広場

2010年07月04日 07時48分00秒 | 情報交換の広場

科学太郎]です。

ここは[タイムトラベル]について情報交換する広場です。SF映画で登場するタイムトラベルには夢がありますね。そこで臨死体験や正夢も含めて情報交換しましょう。ルールはいたってシンプルです。すべての現象を真剣にひも解こうという気持ちで情報交換するのみです。なお、根拠もなく否定するだけで終わる未熟者のコメントは問答無用で削除します。また、他人の書き込みに対して[馬鹿]などの言葉で侮辱するコメントも削除します。理由は情報交換の広場ですから悪口の言い合いの場ではないからです。(その他の情報交換)

人気ブログランキングへ←コメントを書くときにクリックしてね。

はじめに

私[科学太郎]から皆様にお伝えします。タイムトラベルは21世紀中に実用化に入ります。理由は私[科学太郎]は2009年2月頃に趣味で始めた超常現象の検証より、重力発生の仕組みを発見しました。これにより今まで解けなかった超常現象のほとんどが科学的に説明可能である事にも気付いたのです。一番大きい発見は重力粒子発生装置と瞬間移動システムの原理です。私[科学太郎]は技術的な知識、ソフトウェアの知識、そして科学知識を持っていたために原理を発明できたのです。両方ともタイムマシーンに絡む原理や技術ですが、重要なのは瞬間移動の方法を発見したことです。この方法が分かると光速を超えて空間移動を可能とするためにタイムトラベルが可能になるのです。今まで[特殊相対性理論]より、光速を超える事が可能ならタイムトラベルは可能であると広く知られてきました。しかし、宇宙空間では[特殊相対性理論]より光の速度が限界で光速を越えて移動することは不可能である事も分かっていました。このことからタイムトラベルは不可能と考える物理学者が大勢いました。しかし、5次元理論によると宇宙空間以外にも異次元世界と呼ばれる見えない世界が広がってる事が分かってきました。私[科学太郎]は2009年2月頃に5次元理論で登場する5次元世界(異次元世界)に入り込み移動すると光速を超えて移動することを発見したのです。ですから私[科学太郎]は去年からタイムトラベルについて独自に研究して、科学者達と連絡取る方法も考えていました。だから皆様にお知らせします。タイムマシーンには二種類の過去方向型タイムマシーンと未来方向型タイムマシーンがあります。この2つは原理も難易度も異なります。

パラレルワールドの構造

過去方向型タイムマシーン

過去方向型タイムマシーンとは、過去方向にしか移動できないタイムマシーンですが、本来タイムマシーンは、過去にしか移動できない乗り物なのです。多くの方がSF映画を基準に物事を考えるため、未来にも行けると思い込んでいます。それでは何故、過去しか移動できないのか。それは[時間]とは考え方の概念ではなく光の性質の一部です。これは[特殊相対性理論]により既に判明してる事実です。この[特殊相対性理論]を要約すると宇宙空間に光の正体である光子が移動すると時間が発生します。つまり、時間とは光の速度で移動して過去から未来へ物質が伝達されます。さらに[特殊相対性理論]より宇宙空間で一番早く移動できる速度も光の速度である事も判明してます。この事より宇宙が誕生した最初の世界に暮らしてる人々は光速で時間が流れますから、未来が一瞬で創られる事はありません。つまり、宇宙が誕生した最初の世界に暮らしてる人々は未来が存在しません。よってタイムマシーンを開発すると足跡のように残された過去の光の世界にしか移動できません。だから本来タイムマシーンは過去にしか移動できないのです。分かりましたか。

過去方向型タイムマシーンは、かなり複雑で実用化させるには約20年から30年も掛かると私[科学太郎]は考えてます。理由は重力制御、瞬間移動、新しい物理法則の公式の発見をした後に始めて基礎が固まるからです。そして、異次元世界に巨大な筒状の回転する人工ブラックホールを生成して、その中を瞬間移動の原理で光速を超えて移動させます。これで過去の世界(パラレルワールド、同時進行世界、多元宇宙)へ移動します。私[科学太郎]は重力制御エンジンの開発に約10年は時間を掛かると予想してます。また、瞬間移動を安全に行うために新しい物理法則を発見するのに約5年、瞬間移動の技術が確立するのに約5年となり合計で約20年です。この後に初めて過去方向型タイムマシーンの開発に入れますから早ければ約20年、余裕を持つと約30年の時間が掛かると予想してます。なお、本気で開発するためには数学者、物理学者、技術者、資金提供者など大プロジェクトとして始めて約30年あれば実用化できると考えてます。ちまちま開発すると時間が掛かりますから実用化が遅れます。

未来方向型タイムマシーン

未来方向型タイムマシーンとは、未来方向にしか移動できないタイムマシーンです。こちらは[特殊相対性理論]を応用したタイプと[一般相対性理論]を応用したタイプの2種類あります。しかし、実現性の高いのは後者の[一般相対性理論]を応用したタイプです。こちらは比較的簡単ですから約5年以内には完成します。しかし、安全面を考慮すると10年ほど掛かると考えてます。これは電気エネルギーの問題で停電時の対処が問題になります。また、未来方向にしか移動できないため意味がなく実用化する必要があるのか疑問です。それでも実用化したければ開発しましょう。なお、この未来方向型タイムマシーンの仕組みはドラえもんの道具の1つ四次元ポケットと同じです。ですから未来方向型タイムマシーンよりも四次元ポケットとして実用化させるべきだと考えてます。また、時間を極端に遅らせる事が可能ですから、長期保存可能な異次元冷蔵庫として実用化するのも1つの手です。さらに異次元ルームとして利用すれば異次元物置、異次元押入れも実用化できます。私[科学太郎]は未来方向型タイムマシーンよりも空間にモノを隠せる利用方法が最も実用化すべき点だと考えてます。

双方向型タイムマシーン

双方向型タイムマシーンとは、過去方向も未来方向も移動できるタイムマシーンです。ちょうどSF映画のような感じになります。既に過去方向型タイムマシーンと未来方向型タイムマシーンを紹介してるため、読者の方は単純に両方組み合わせれば双方向型タイムマシーンになると思うでしょう。でも、少しだけ落とし穴があります。それは過去方向型タイムマシーンで過去の世界に行くと過去の自分が居て双子になります。これに対して未来方向型タイムマシーンで未来に行っても自分自身のみで一人です。つまり、双子になりません。この様な違いがありますから、単純に両タイプを組み合わせても双方向型タイムマシーンと呼べるかどうか疑問です。それでもタイムトラベルする自分自身だけで見ますと過去・未来に移動可能ですから双方向型タイムマシーンと呼べます。それではSF映画のように過去へ行っても、未来へ行っても過去の自分、未来の自分が居る双方向型タイムマシーンは実現できないのか。そう考えるでしょう。しかし、ここで1つ思い出して欲しいのです。それは過去方向型タイムマシーンで宇宙が誕生した最初の世界(パラレルワールドの世界)では未来は存在しないのです。ですから宇宙が誕生した最初の世界ではなく、過去の世界を基準に物事を考えるとSF映画のように過去へ行っても、未来へ行っても過去の自分、未来の自分が居る双方向型タイムマシーンは実現できます。そして、なんと我々は既に過去の世界の住人です。このことに気付いてる方は地球上で科学者や一般人を含んで何人いるのでしょうね。私[科学太郎]は去年(2009年)に初めて気付きました。過去に3回も正夢を見てるのに気付かず、誰もが未来を夢で見れるだろうと考えてしまった。しかし、良く良く考えると宇宙が誕生した最初の世界に自分達が暮らしてるなら、[特殊相対性理論]より未来は存在しません。それなら私[科学太郎]を含み世界中で正夢や予知夢が見れる方が存在するのはなぜか?それは、もう気付いたでしょう。我々の世界からは既に未来が存在してるのです。そして、未来が存在してるから宇宙が誕生した最初の世界を基準とすると我々は過去の世界に暮らしてます。つまり、正夢を真剣に科学すると自分達が既に過去の世界に暮らしてる確かな証拠となります。さらにタイムトラベルが可能である事も自分たちが生きながらに証明してます。

なぜ、自分たちが生きながらにタイムトラベルが可能である事を証明してるのか。それは何度も言いますが、宇宙が誕生した最初の世界に住んでいるなら未来は存在しません。未来が存在しないのならば、正夢や予知夢も見る事は不可能です。しかし、私[科学太郎]を含み世界中で正夢や予知夢が見れる方が存在します。これは立派に未来が存在してる証拠なのです。表現を変えると自分達は確かに過去の1つの世界(パラレルワールドの世界)で生活してる事に繋がります。そして自分たちが過去の世界に暮らしてるならば最低でも2つは証明してます。

  1. 自分たちの過去は保存されてる。
  2. 過去には過去の世界がある。

1つ目は自分たちが過去の1つの世界に暮らしてるから、自分たちの過去は保存されてる事を自ら生きながらに証明してます。もしも、嘘だ、と否定しますと自分たちの存在を否定する事に繋がります。しかし、私[科学太郎]も他の方も既に存在してますから否定は出来ません。否定すると馬鹿と呼ばれるでしょう。何故なら自分たちは確かに肉体を持ち生きてますから、存在しないと否定すると矛盾が生じます。よって、自分たちの過去は完璧に保存されてると生きながらに証明してます。

2つ目も自分たちが過去の1つの世界に暮らしてるから、過去には過去の世界があるとう同時進行世界やパラレルワールドと呼ばれる多元宇宙の構造をしてる確かな証拠となります。これは今までの考え方の概念を一変させる重要な発見です。つまり、今までは宇宙とは1つだけだと考えられてきました。しかし、過去には過去の世界が在るとは、過去には過去の宇宙空間が存在する事を意味します。よって、多元宇宙の構造を我々が生きながらに証明してます。決して概念の問題ではありません。同時進行世界やパラレルワールドと呼ばれた考え方が正しかった事を意味してるのです。SF映画でタイムトラベル物語を好き好んでみた方は同時進行世界やパラレルワールドの考え方は普通でしょう。でも、多くの方が想像とか、空想とか、絵空事と解釈してます。日本に至ってはオカルトという言葉を使いタイムトラベルの研究者を小馬鹿にしてます。なお、世界的にも同じ考えのようです。しかし、時代は変わり、科学も技術も進歩してます。新しい発見を認めないと科学技術は進歩しません。それにタイムマシーン理論は既に論文でたくさん発表されてます。問題は多くの一般人が[理論]と[仮説]の言葉を混同してる事です。同じ意味合いで使ってる方が多いが全く違います。タイムマシーンは機械的に実現可能です。それも21世紀中に実用化に入ります。

参考動画

科学情報

参考文献

参考書籍



コメント (26)   この記事についてブログを書く
« 唯物論者の広場 | トップ | タイムトラベルとは »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (奈月)
2010-10-12 16:13:04
こんにちは。このブログの記事を読みましたが、とても柔軟な考え方をお持ちですね。とても面白いですし、勉強にもなる記事ですね。
私は、タイムトラベルは単なる空想物語ではないと思います。
私は一度だけ、タイムトラベルをした事があります。
ヘミシンクで体外離脱して体験しました(一度だけ)。
去年の夏に体験した出来事です。
私が小学1年生の頃の過去へ、体外離脱してタイムトラベルしました。
20年前の話ですけど、7月の夏、私の友人がある日突然、転校してしまった事がありました。
それ以来、もう一度も会っていないし電話もしていなくなった。
私は、小さい頃よく友人と遊びに行っていた地元の神社へ行きました。
もしかしたらと思い、巫女の居場所へ行きました。
巫女は、体外離脱している私の存在にすぐ気がついてくれました。
私が20年後の未来から体外離脱してきた事もすぐに見抜きました。
私は、巫女に友人が今どこにいるのかを話しました。
巫女は、瞑想をして体外離脱した後、友人の居場所を見つけてくれました。
友人はアメリカのサンフランシスコへ引越していました。
その後、巫女から「20年後の未来へ戻ったら友人の所へ行くように念じてみてください」と言うアドバイスをしてくれました。
なぜなら、20年間の間にどこかへ引っ越している可能性があるから。
私はその後、元の世界へ戻り、友人の所へ行きたいと念じた瞬間にもう友人の家にいました。
やはり、予想どうり友人は別の州へ引っ越していました。
現在はテキサス州に住んでいるみたいで、さらに電話番号も見つけました。
次の朝にすぐ、私はその電話番号を使用しました。
そしたら20年前に別れた友人が電話にでてくれて、私の事をちゃんと覚えてくれてました。
私が「今、テキサス州に住んでいるでしょう」と話したら、友人は「どうして分かったの」って驚いていました。
しばらく長く話しをし、9月前半に会う約束をし、20年ぶりに友人と再会できました。
その後、地元にあった神社へ行き、巫女にタイムトラベルをした事を話しました。
巫女が20年前に体験した事と、私が20年前にタイムトラベルした事が見事に一致していました。
この体験からして、タイムトラベル、体外離脱は夢物語ではないと思いました。
ヘミシンクについてですが。

ヘミシンクは本来、体外離脱を目的とした作品ではないようです。
体外離脱を目的としたヘミシンクはこちらの2種類のCDです。

「体外への旅 サポート用ヘミシンクシリーズ」http://www.hemi-sync.jp/?pid=1274943

ゲートウェイ・エクスペリエンス
http://www.hemi-sync.jp/?mode=cate&cbid=85247&csid=0
Unknown (霊粒師)
2010-10-16 01:18:21
こんばんは。
深夜遅くですけど。
タイムトラベルですかぁっ。
俺も本物の体外離脱はした事ありますけど、タイムトラベルはした事ありません。
俺も一度で良いからしてみたいもんだ。

>巫女が20年前に体験した事と、私が20年前にタイムトラベルした事が見事に一致していました。
俺も、すごい能力を持った巫女にあった事ありますので、良く分かります。
巫女はきっと、非常に霊格の優れた霊能者なのだと思います。
基本的に巫女は自分から「霊能者」とは一切名乗らないですから。

>ゲートウェイ・エクスペリエンス
http://www.hemi-sync.jp/?mode=cate&cbid=85247&csid=0
俺が現在使用しているのがこのCDです。
しかし、滅多に体外離脱はできません。
それ以前に、まだ一度か二度しか成功していませんです。
自己催眠を操るのはモノスゲェ高度な術です。
見よう見まねで出来る事ではありません。
事故催眠をかける前に、どうしても爆睡してしまいます。
ヘミシンク使用者でも、100人に1人しか成功しないと言われるくらいですから。
仮に体外離脱に成功しても、自由自在には操れないのが現状。
体外離脱を自由自在にあやつれても、長くて1~2分しか肉体から離れていられないらしい。
奈月様へ (ブログ管理人の科学太郎)
2010-10-16 06:41:20
はじめまして奈月さん。

> とても面白いですし、勉強にもなる記事ですね。
ありがとう。

> 私は一度だけ、タイムトラベルをした事があります。
コントロールできたのですか?

> 去年の夏に体験した出来事です。
ふむふむ。

> 巫女は、体外離脱している私の存在にすぐ気がついてくれました。
> 私が20年後の未来から体外離脱してきた事もすぐに見抜きました。
凄い。
巫女が幽霊や体外離脱者を認識できるのは分かる。
しかし、20年後の未来から時空移動してきたことも分かるのか。
凄い能力だね。

> その後、巫女から「20年後の未来へ戻ったら友人の所へ行くように念じてみてください」と言うアドバイスをしてくれました。
正しいアドバイスです。

> 私はその後、元の世界へ戻り、友人の所へ行きたいと念じた瞬間にもう友人の家にいました。
霊とは念じるだけで移動可能なのです。
死後の世界(霊界)は想いの世界(精神世界)とも呼ばれます。
だから念じるだけで良いのです。
私は体外離脱をコントロールできませんが…。

> 私が「今、テキサス州に住んでいるでしょう」と話したら、友人は「どうして分かったの」って驚いていました。
あなたは体外離脱して霊視したのです。
つまり、霊的に瞬間移動したのです。

> その後、地元にあった神社へ行き、巫女にタイムトラベルをした事を話しました。
> 巫女が20年前に体験した事と、私が20年前にタイムトラベルした事が見事に一致していました。
> この体験からして、タイムトラベル、体外離脱は夢物語ではないと思いました。
このことから宇宙空間そのものが過去を保存してるのです。
次の画像をご覧ください。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5f/a8/8b518aca6cc138fa8978dcd032390014.png
過去には過去の宇宙空間が存在し、
未来には未来の宇宙空間が存在します。
しかし、未来方向は5079年までです。
理由は宇宙が誕生した最初の時間軸がまだ5079年までしか歴史を刻んでません。
だから私達は過去の世界に現在暮らしてるのですよ。
5079年の世界を基準にすると3000年も昔の2010年に住んでる。
でも多くの人が気付いてない。

上記で紹介した画像こそパラレルワールド(多元宇宙)とか、アカシック・レコードなどと呼ばれてます。
預言者は瞑想中に体外離脱して未来方向で行われてた第三次世界大戦(核戦争)を書き残した。
預言者のノストラダムス君はその一人です。
彼は如来(大天使)です。

彼の使命そのものが預言を残すために魂の状態で16世紀に移動しておギャーと生まれてきたのです。
生まれる時期や年代を選べます。
私も1974年の年代を選んで生まれ変わったインディゴ・チルドレンです。
私の正体はそのうち海外から知られるようです。
たくさんの預言に書かれましたから。
そのうち正体に多くの方が気付きます。
非常に面白いです。

> ヘミシンクについてですが。
最近は日本でもヘミシンクの技術が増えてますね。
アメリカのモンロー研究所に行かなくても良い時代が来ましたね。
時間がある時にヘミシンク体験を試したいと思います。
それでは。
また。
霊粒師様へ (ブログ管理人の科学太郎)
2010-10-16 06:48:49
お久しぶりです。常連さん。

> 俺も一度で良いからしてみたいもんだ。
それならば自分に移動したい年代を想像して念じてみて下さい。
強く思い込み、念じることで移動できるはずです。

> 基本的に巫女は自分から「霊能者」とは一切名乗らないですから。
本物は自慢やおごる事はない。
理由は人と違う能力を持ったために少なからず苦労した人生だからだ。
苦労を知ってる人間は経験豊富であり、人格も普通の人よりも高い。
だからやたらに霊能者と名乗らない。
それに名乗ると迫害される秩序も知ってるからだ。

以上。
Unknown (カホ)
2010-10-23 14:30:56
奈月さん、私は貴方に言っておきます。
さて、そもそもタイムトラベルというのはどの部分を指しているのでしょう?
非常に基本的なことから説明すれば、私たちが存在していると思い込み信じているこの時空間が本当に実在しているかのかどうか、ひょっとしたらすべて夢や何かのプログラム上のシュミレーションである可能性だってあるのですよ!
それでもとりあえず何の根拠もなく,私たちはこの世界が確かに実在していて、同様に私や他人も実在しているとする前提の上でしか、現実を語り得ないのです。
現実それ自体がそのように根拠を持ち得ないあやふやな存在であるにもかかわらず、そこに登場する幽霊がどうして実在しておらねばならないのですか?
とりあえず私たちにとっての現実を現実として担保している物理法則や常識が、幽霊なり神なりといった非物理原則的超常識的存在によって簡単に覆しうるものなら、そこで私たちがまず考えるべきことは、幽霊や神の実在ではなく、まずもってこの現実が本当に現実なのかどうかという部分なのです。
別に神や幽霊がこの世界に存在していても構いません。
でもそれが存在できるなら,同時にこの現実はもはや現実として成立していないという結論にしか至らないのです。
あなたがこれに反駁するためには、私たちの現実が100%実在しているという証明をなした上で、さらにその現実と矛盾する超越性を示す神や霊魂というもののの実在をも証明する以外手段はないのです。
でもできないでしょう?
なので神や幽霊は実在していない、そしてタイムトラベル体験もデマ、そう言い切って構いません。
タイムトラベルは理論上不可能です。
そうでしょ、だって宇宙空間は一つしかないんですから。

あともし本物の霊能者がいるなら、世俗的一般的な実験でそれを証明すればいいだけの話ですね。
「やれるもんならやってみろ,この生きる価値もない、ゴミ以下の下等生物が」というだけの話です。
で、どなたか、それを実証できる能力者,御存知ですか?
いませんよね、それ以前に霊能者なんてこの世に存在しません。

ま、頭も賢く人への思いやりもあり、知識面も優れているような私にとっては、ここにいる奴らは大馬鹿者にしか見えない訳です。
ちなみに、私が今までここに書き込んだことが100%正しい自身がありますので。
私は御前らのような馬鹿とは違って、超エリートなんですから。

何か反論があるなら、いつでも反論をどうぞ。
カホ様へ (ブログ管理人の科学太郎)
2010-10-23 14:52:10
> 何か反論があるなら、いつでも反論をどうぞ。
反論はありますよ。

> なので神や幽霊は実在していない、そしてタイムトラベル体験もデマ、そう言い切って構いません。
> タイムトラベルは理論上不可能です。
タイムマシーン理論は仮説と違って理論上可能であることを意味します。
後はどのような機械を作ればタイムトラベル出来るかが分からなかったのです。
そして、私[科学太郎]は2009年2月ごろに重量く発生装置の原理を発見しました。
その後にとんとん拍子で重力制御エンジンの原理、瞬間移動システムの原理、タイムマシーンの機械的な製造方法を発明してます。
タイムマシーンは強力な重力エネルギーを生み出すために放射線を使います。
しかし、私[科学太郎]は放射線の専門家ではない。
だから1人では試作できないのです。
よってこれから地球人類全員に自分の発明品(発明原理)を指導します。

①6次元の時間構造(5次元理論を時間構造として拡張した理論)=私[科学太郎]の理論です。
②重力制御エンジンの原理
③瞬間移動システムの原理
④タイムマシーンの機械的な製造方法
その他にも空中都市、宇宙ステーション、人工降雨装置なども指導します。

カホさん。
長生きして下さい。
何故なら瞬間移動(電話ボックス型のどこでもドア)の実用化は2050年ごろ。
タイムマシーンの実用化は2060年以降となります。
タイムマシーンは瞬間移動の原理の応用で作ります。

最初は重力制御について指導します。
空中カー
空中バイク
空中スクーター
空中ボード
空中道路
空中都市
重力新幹線
海上新幹線
超音速旅客機
宇宙航空機
宇宙ステーション
その他にもビルやロボットの姿勢制御にも重力制御は利用可能です。
重力クレーンの建築機材など。

よって私[科学太郎]の計画は以下の通りです。
2010年~2015年 社会改革の革命運動(1日4時間に労働時間を変更)
2015年~2020年 重力制御エンジンの研究・開発
2020年~2030年 重力制御エンジンが完成して空中都市が実用化
2030年~2040年 第2の宇宙ステーションの研究・開発、そして宇宙太陽光発電システムが実用化
2040年~2050年 空中カー、空中バイク、空中スクーター、空中ボード、重力新幹線が実用化
2050年~2060年 瞬間移動(電話ボックス型のどこでもドア)が実用化
2060年~2070年 タイムマシーンの研究・開発、そして実用化

以上。
タイムトラベルと体外離脱 (奈月)
2010-11-09 07:40:00
おはようございます。

>> 私は一度だけ、タイムトラベルをした事があります。
>コントロールできたのですか?
自在にはまだ無理ですけれど、一度だけ成功しました。

>>ヘミシンクについてですが。
>最近は日本でもヘミシンクの技術が増えてますね。
確かに、ヘミシンクの使用者は増えています。
でもまだ否定者の方が圧倒的に多いです。

>霊粒師さん
>基本的に巫女は自分から「霊能者」とは一切名乗らないですから。
確かに、本物の霊能者は名乗りませんね。
自慢したり目立とうとしたりしませんし。

ここでヘミシンクと体外離脱について書きます。
海外の科学者達は、幽霊の事を「霊体」とは呼ばず「電磁体」と呼んでいるようです。
モンロー研究所の研究者達は「意識」と呼んでいます。
体外離脱は、前は「幽体離脱」と呼ばれていました。
体外離脱のエキスパートで言えば、巫女ですね。
ヘミシンクセミナーの指導者達はスペシャリストです。
セミナーで、ごくわずかですけど体外離脱して中には私と同じく、過去へのタイムトラベルをした者もいます。
「体外離脱するぞ」とがんばったり無理に強く考えると逆効果になります。
リラックスして、思いっきり楽しむつもりで任せると良いです。

体外離脱には「広義」「狭義」の2種類があります。どちらとも、事実と一致する体験はします。
  1・広義の体外離脱
肉体から抜け出た感覚はないが、意識は離脱させられる。
霊体と呼べる体は見えない。
霊が見える人によると「ろくろ首」のように見えたと証言。
ここで、誤解のないように言っておきます。
昔から「ろくろ首」は首が伸びる妖怪だと言われてきましたが実は、霊体は肉体から離脱せず首のみが離脱する不完全な体外離脱。
このタイプの体外離脱では、瞬間移動やタイムトラベル、憑依は不可能である。
肉体は活動しており、ノンレム睡眠脳波。
体外離脱者のほとんどが、このタイプです。
  2・広義の体外離脱
肉体から抜け出る感覚はあり、肉体から離れた位置にいる事が分かる。
霊体と呼べる体は見える。
瞬間移動やタイムトラベル、憑依(普通の人には無理)が可能。
肉体は不活発で、脳波は平坦(でも、元に戻ると肉体は活発し、脳波も正常に戻る)。
臨死体験も、これと同じ。
シルバーコードとも呼べる銀の糸が見える。
このタイプの体外離脱は、生涯に一度だけ、1000人に1人しか体験しない。
一流の巫女は、このタイプの体外離脱を自在に行えます。

かなりの情報源を書き込みましたが、参考として読んでみてください。
では、私もそろそろ仕事があるので、出掛けなくては。
失礼します。
奈月様へ (ブログ管理人の科学太郎)
2010-11-09 10:45:13
> ここでヘミシンクと体外離脱について書きます。
ふむふむ。

> 海外の科学者達は、幽霊の事を「霊体」とは呼ばず「電磁体」と呼んでいるようです。
肉体を持った人間も磁場を発生してます。
だから霊体も詳しく調べれば『霊波』を発生してるので電磁体と呼んでもいいのでしょうね。

> 体外離脱のエキスパートで言えば、巫女ですね。
> ヘミシンクセミナーの指導者達はスペシャリストです。
表現が上手ですね。
私も普段、経験的に身に付けたモノをエキスパート、
知識的に身に付けたモノをスペシャリストと呼び使い分けてます。

> セミナーで、ごくわずかですけど体外離脱して中には私と同じく、過去へのタイムトラベルをした者もいます。
基本的に霊界が全ての時間構造の宇宙空間と接続されてるため時間(過去・未来)を移動可能です。
また、人間が時間(過去・未来)を移動できるという事は機械(タイムマシーン)でも可能という事ですよ。

> 昔から「ろくろ首」は首が伸びる妖怪だと言われてきましたが実は、霊体は肉体から離脱せず首のみが離脱する不完全な体外離脱。
> このタイプの体外離脱では、瞬間移動やタイムトラベル、憑依は不可能である。
わぁ。
詳しいですね。
嬉しい情報をありがとう。
妖怪は地獄霊の変化した姿だと聞いてます。
妖精は精霊界に存在する生命体だそうです。

> シルバーコードとも呼べる銀の糸が見える。
日本語でいう霊子線ですね。

> かなりの情報源を書き込みましたが、参考として読んでみてください。
参考になりました。

> では、私もそろそろ仕事があるので、出掛けなくては。
いってらっしゃい。
皆様へ (ブログ管理人の科学太郎)
2010-12-14 22:53:29
最近はアイザック・ニュートンの霊言集を読んでます。
http://blog.goo.ne.jp/john-titor-report/e/71972003b3fbffd5e382bb8337caa417

・力場の創造によるタイム・マシン
http://manucitizen.blog107.fc2.com/blog-entry-885.html

・反重力装置の自家用飛行機の出現
http://manucitizen.blog107.fc2.com/blog-entry-892.html

・第二のエジソンによる霊界通信機の完成
http://manucitizen.blog107.fc2.com/blog-entry-894.html

お勧め!
Unknown (心霊主義)
2011-01-23 16:06:02
こんにちは。

お久しぶりです。

俺はここ最近、仕事でよく海外へ行く機会が多くなっていますので、もしよければ俺が海外で得た情報源もどうぞ。

今、アメリカやヨーロッパでは重力制御装置の開発や体外離脱若返り実験、タイムマシーンの作成に取り組んでいます。

インドでも、タイムマシーンの開発は盛んになっています。

では、ここでしばらくスイスで体験した情報をどうぞ。

スイスのニュース番組で、この情報を見つけました。

2011年入って現在、日本を除いた全ての先進国が「もうすぐ科学・医学は宗教と統一する」と発表したようです。

しかし、日本の学者だけは「宗教はカルトです。それと同様、心霊研究もカルトです。カルトと科学・医学を統一するなど、あまりにも馬鹿げている。」と批判したようです。

今では、かつて「幽霊や死後世界を信じない国1位」のベトナムですら、心霊研究はオカルトではなく科学・医学の研究対象とされています。

海外の学者達は「嘘だと思うなら、その証拠を見せます。原理や仕組みを知っていますので、いつでも再現可能です。」と日本学者達に証言したようです。

しかし、日本学者達は「心霊研究は元から空想の話であってインチキである。そんなインチキ実験で日本学者を騙せると思ってんのか。」と批判した。

ニュース番組で知ったのは、日本学者達は根拠や証拠を意味もなく「インチキ」と決め付けたようです。

日本学者達は、原理や仕組みなども一切聞く耳を持たなかった。

コメントを投稿

情報交換の広場」カテゴリの最新記事