Powered by goo







そう






TVを観ていて、佐藤浩市さんみたいな髪型もいいなと思う。
クセのある男に憧れる。
作られた髪型が街にあふれていて、ぼくも「そうだ」と言ったらそう。

「こうでしか仕様がない」というようなものが一番強いのは当たり前のこと。
どこにも含まれない自分を探すのが、何故にこんなにも難しくなっているのだろう。
ぼくも「そうだ」と言ったら不思議とそう。






コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )



「みたいなな」






一歩前にでて。

「なんじゃ!! このボケッ!! そんなもん知らんちゅうねん!!! ”#$%&’~=0)(’&%$”#$%&’’()0)(’&%&’ ていうか? ていうか? ていうか? 結局どないやねん!!!! ていうか”#$%&’()0=”#$%&’()、それがなに? アホか!!! ~ぁぁあああ」

しばし沈黙のあと。

「みたいなな」

舌をペロっとだして一歩さがる。


こんなこと出来たらな~。
べつにタマっているわけではない。







コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )



サンコンJr.の悪夢






スタジオからの帰り。

「送ってくれんの」
「ええよ」
「わるいな」
「鍵折れたわ」
「折れた?」
「うん、車の鍵折れた」
「なにがやねん」
「鍵が折れてん」
「どれ~」
「ほら、まっぷたつ」
「ほんまやな」
「最悪や」
「でも、半分でもエンジンかかるんちゃう、やってみ」
「あかんわ」
「そらそやわ」
「スペアキー、とってくるわ」
「・・・・」

車の鍵が折れるだろうか。意味がわからん。でも、おもしろい。

「バシャ!!」

「・・・・・・・」
「zzzzzzzzzzzzzzz」
「ついたで」
「あ~、ありがと」
「寝てて気ぃついてへんやろけど、フン落とされた」
「どこ?」
「ほら、そこ」
「・・・・・」

見ると、助手席のミラーからウインドウに透明から白に黄色の激しい液体がビャ~と。
こんな大量のフンを落とす鳥なんぞこの世にいるのだろうか。

「ちょっとミラー倒しておいてくれへん」
「えっ」
「嫌やったらええよ」
「うん」

おもしろいことは続くものだ。







コメント ( 17 ) | Trackback ( 0 )



夜も眠れないと言ったら嘘になるが、






「自分が思っている自分と他人が思う自分は違うのかな~?」
友人がぽつりと言ったけど、どうなんだろう。

“あいつ、最近、おれのことどう思ってんだろ”
“そういえば、なんか冷たいな”
“あれ、この笑ってる私の写真、目尻の皺がふえたんじゃない”
“えっ、なんで私にそんなこと頼むの?”
“私のことどう思ってんの?”
“私、あなたがわからない”

こんなんじゃないな、ピンとこない。
ちなみに、“俺もわからない”と言いたいときもある。

“イルカと握手したらゴムみたいだった”
“コアラの毛は思いのほか固かった”
“ペンギンは汗をかくのだろうか? 本当にかいてんのかな?”

こんなのでもないことはわかっている。

実際のところ、どうなんだろうか?
夜も眠れないと言ったら嘘になるが、本当に眠れないこともある。








コメント ( 17 ) | Trackback ( 0 )



午後5時過ぎ






午後5時過ぎ、ぬかよろこび研究所のヒグチくんからの着信。

「お久しぶりです」
「久しぶりやんか」
「今年は空梅雨ですね」
「カラツユ?」
「いえいえ」
「あ~、空梅雨な」
「はい、空梅雨です」
「そやな~」
「騒がしいですね」
「今、公園におるよ」
「芽吹いていますね」
「メブイテル?」
「生命力が」
「あ~、子供がいっぱいおるわ」
「芽吹いてます、芽吹いてます」

なにか用件はあったのだろうか?
「相変わらず」だったので、それがなによりの知らせ。
色々とあるのだろうが、元気そうだ。







コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )



ここからあそこまで、あそこからここまで






ここからあそこまで、あそこからここまで。
この繰り返し(リズム)。

行きかたも帰りかたも自由。
これといったルールはないのだろう。
いろんなことを地味にでも派手にでも深く感じたもの勝ち。
その結果、気持ちのいいここから気持ちのいいあそこまで。
その結果、気持ちのいいあそこから気持ちのいいここまで。
この繰り返し(リズム)。

きっと見つかるはず。

スタジオからの帰り道、天性のリズム感に恵まれなかったぼくは考える。







コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )



今日は






駅前の不動産屋さんの前で立ち止まり、良さげな間取りに目が止まる。
ルーフバルコニーが楽しげだけれど、とんでもない家賃。

住宅街の坂の途中、夕焼けの空。
それはまぁよく降った昨日の雨の後の赤紫。
これでカレーの匂いでもしてきたら、ブログ王。
残念、カメラすら鞄に入っていない。

今日は日が沈むのが粘り強い日だった。






コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )



外は乱れ髪のような






雨。
さっき、コンビニに行ったら傘をとられた。
ムカついたけど、今はもう忘れるくらい。
誰が持って帰ったのだろう。
真夜中の色気のある女のひとだったらいいけど。
そんな可能性は降水率ナンパーセント?





コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )


     




CATEGORIES