Powered by goo







気になることが






通園バスに乗り込むと、あっちの世界。
たまに窓から手をふることもあるが、すぐにあっちの世界。
いいことだ。

ところが、最近の朝。

「きょうはいきたくない」

「どうしたの」と聞いても、なんとなくはぐらかされる。
気まぐれの雰囲気でもないようだ。
気にはなるけど、こうやって大きくなっていくのだろう。
とは言いつつも、親としては気になることが全て。
う~ん、気になるな~。






コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )



女の気持ち、男の気持ち






勅:湯河原勅使河原子 ジ:ジョン・B・チョッパー

勅:「あの~、シューズラックはすすんでいますか」
ジ:「うん、気持ちてきには」
勅:「家が片付かないんですけど」
ジ:「気持ちはわかるよ」
勅:「はやくしてもらえると助かるんですけど」
ジ:「うん、気持ちはおれも同じやわ」





コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )



日曜日記






日曜日は日曜日らしく過ごすのが一番だろう。

特に、切ない夕方。
勝負どころである。
これによって来週の運勢が決まる。
あ、日曜って今週?
え、じゃあ、日曜日って、なに?





コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )



右肩下がりの男






右肩が下がってるんだよな。
ほら、この写真、右側が下がってるでしょ。

なにをするにも身体のバランスが大事。
ジム通いも、いいかも。






コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )



嘘くさい金曜日






嘘くさい金曜日。
自転車に乗っても、なんだか今イチ。
家に帰っても、「なんだかな~」。
TVをつけても、チャンネル決まらない。
CDをかけても上の空。
なんだろか。
庭にでても、グレーの空がホトトギス。
どうも、今日は嘘くさい金曜日。








コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )



変な衣装






「ああ~、なんで、あんな服着てたんだろう」
ライブハウスの落書きだらけの壁から蘇る苦い記憶のいくつか。

ステージでは変な衣装を着ても問題なかろう。
裸にオーバーオールを着るぐらいのベーシストにならないと。
バンドマンは恥ずかしいほどに楽しい。





コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )



名もなき犬






いぬか。
いぬだわな。
犬。
いぬ。
イヌ。
INU。
いぬだわ。

今ごろ、幼稚園でなにしてるのだろうか。







コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )



都会では






プロ任せもあり。
こういう軟弱な自分も受け入れないと、都会では生きていけない。





コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )



日用日記(クリーニング編)






クリーニングにだせるような余裕が欲しい。

去年の服(アウター)が色褪せているような。
気のせいか。
まだはやいが、一応着てみるか。
そうそう、この感じ、思い出す。

悪くはないが、ちゃんとクリーニングしておけばよかった。
そうすれば、もうちょっと新鮮な気分になれたに違いない。







コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )



青の時代






青くさいことは良いことだろうか?

本当言うと、渋いのには憧れる。
流れは、そっちに行くこともある。
けれど、必ず行き詰まる。
仕方なく、また青の時代へ。
この繰り返しが大事なことなのだろう。
そうに違いない。
一方通行ばかりが続くわけがない。







コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ   




CATEGORIES