Powered by goo







フイルム




パッと見れないところが盛り上がる。

想像してたより~。
想像してたより~。
想像通り、かな。

また撮ろう、また撮ろう。

繰り返し、繰り返しが、変わる秘訣。










コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )



「ニャン」と鳴く!? シャム猫編






「ボボボボ、ボボボボ」

おいおい、このどら息子、大音量でCD鳴らしながら、なにしとんねん。
ギター? あ、ベースかいな、地味やのう。
鏡の前で、紐のストラップして、首ふって。

この曲、聴いたことあんな、なんやったけ。
ああ、そやそや、レッチリの、あれや。
「バイ・ザ・・・・」なんやら。


「ブブブブ、ブブブブ」

おいおい、またおんなじ曲かいな。
なに、今なんか叫んだな、なんや、それ。
「ステッナイ!」、「カッシャ!」、「コンジョ!」、「ブッカッ!」。
あ、コーラスな。
ええけど、叫んでるとき、手、止まってんで。
そんで、そこ、音あってんのかいな。

「ビビビビ、ビビビビ」

またかいな、ボリュームも更にあがったな。
今度はちょっと内股ぎみやん。
そのスタイルは古いんちゃうか。
お、ジャンプかいな。
はっきり言って、そのタイミングはちゃうで。
気持ちはわかる、気持ちは。

「ただいまぁ」

おいおい、オカン帰ってきたで。
知らんで、裸に、アソコに靴下姿はアカンやろ。
はよ、服着んと。


じゃあ、「ニャン」と言ってみよか。


“全てはここから”

と「ニャン」と鳴く。
 (なんとなく)


名前 フルシアンテ
種類 シャム猫
年齢 2歳半(猫年齢)
性別 老け顔







コメント ( 26 ) | Trackback ( 0 )



機嫌






子供の機嫌。
結構、左右される。

ご機嫌。
ふ機嫌。

お菓子買うと、ご機嫌。
腹減ると、ふ機嫌。
わかりやすい。

けど、わからないこともある。
何で、そんなに、ご機嫌なのか
何で そんなに、ふ機嫌なのか。

わかってあげないといけないのかもしれないが、わからないことだってある。
気づいてあげることと同じくらい、これは大事なこと。
親の知らないところで育ってもらわないと、親のいる意味がない。

GPS携帯を持たせるのは良いが、親が勘違いをしないように。
ぼくらも、そうだったように。






コメント ( 17 ) | Trackback ( 0 )



渋谷で1、2、3、






いち。

傘をさして、白と緑、都会風ホームセンターへ。
ブリキを5枚購入。

にっ。

黄色と赤、期間限定! 全品WポイントのCDショップへ。
ブルースのCDを5枚購入。

さん。

ビックリするようなカメラ? 屋さんに行けば王道。
「ポイントはおためしますか」

これで、ぼくも立派な都会人。

のはずが、みっつめは断念して、湿気満開の電車で帰宅。

ブルースが聴こえると言えば、ブルースが聴こえる。






コメント ( 23 ) | Trackback ( 0 )



クーラー






室外機のなまぬるい風。
もうそろそろクーラーの季節。
あまり好きじゃないので、策を考えないと。

風通しをよくするのが一番。
通るには、抜ける場所がないといけない。これ常識。
玄関の扉を網戸にしたいが、いかんせん、賃貸なわけで、今年も悩んでいる。

玄関から抜ける風は、何だか気持ち良い。
室外機の風は、そう、何だか気持ち悪い。







コメント ( 26 ) | Trackback ( 0 )



アメニモ






アメニモマケテ。

ぼくにとっては、気楽な乗りものであるはずの自転車。
どこで勘違いしてしまったのだろう。
高価な自転車なんかに乗ってしまうと、そこいらにとめるわけにはいかない。
これが一番困る。
ウインドウショッピングな性格なので、寄りたいところがたくさんある。
どうしたものか。道はひとつ。

「本気」でやるしかない。

スタートはしたものの、目標をつくりたがらないのが悪い癖。

メッセンジャーの後ろ姿を眺めながらの梅雨の日。
悪いけど、傘をさしてのショッピング中。







コメント ( 30 ) | Trackback ( 0 )



「ワン」と鳴く!? ラブラドール・レトリバー編






「パシャ」

おいおい、写真かよ、ワシなんか撮ってどうすんねん。
犬やからって、絵になると思ったら大間違いやで。
レトリバーもつらいわ、おまけにサムライブルーのTシャツ着せられて。
なんや思っとんねん。
まあ、そやけど、見てみ、二軒隣のハスキーくん。
昔は人気あったけど、あの老け込みよう。
あっちも、撮ったれや。
ほんで、着せたれや。

「パシャ」

まだ撮っとんのかい。
えらい、ええカメラやのう、男のロマンか?
そのカメラの値段、奥さん知ってんのか。

「パシャ」

もうええっちゅうねん。
おんなじの、何枚も何枚も。
さっきと、どこがちゃうねん。
うっとうしいのう、ハゲ。

じゃあ、「ワン」と言ってみよか。


“写真、撮られるとき、ちょっとやさしい顔になんの、なんでやろな~”

と、「ワン」と鳴く。
  (なんとなく)


名前 ポルシェ
種類 ラブラドール・レトリバー
年齢 7歳半(犬年齢)
性別 おっさんの中のおっさん





コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )



「ニャン」と鳴く!?  三毛猫編






「ジョン! ジョン!」

気楽に呼ぶな、ハゲ。
どうせ、用事があるわけやないやろ。
犬みたいな名前つけやがって。
やっぱ、猫は得やわ。無視してても、それなりに情緒があるやろ。
たまに「ふわ~は」ってしたったら、和んだりするんちゃうか。

「ジョン! ジョン!」

うるさいの~、わかったわ、ご主人さま。
そろそろ起きたるっちゅうねん。
寝起きは、まったりしてんで。
それもまた、それでええんやろ。
しかし、れっきとした三毛猫やのに、この名前はなんや。

じゃあ、「ニャン」と言ってみよか。


“不思議と、この名前も慣れたな、なんでやろな~”

と、「ニャン」と鳴く。
  (なんとなく)


名前 ジョン
種類 三毛猫 
年齢 5歳(猫年齢)
性別 若者風のおっさん







コメント ( 21 ) | Trackback ( 0 )



ひとり遊び






ひとりゴムとび。

そうそう、小さいころはひとりでも遊んだな。
ひとりビー玉、ひとりベッタン、ひとり野球。

適当な技を開発したり、勝手なシチュエーションをつくったり。
夢なんて大袈裟なものを考えることなく、盛り上がれた。

ひとり遊び。
全ては、ここから始まっている。


娘の最近の言葉。

「ひーたー(家にあるパネル式ヒーター)になりたい」

「何で?」と、ぼく。

「だって、うごかなくてもいいし、なにもしなくていいじゃん」

かわいいことも言うが、たまに「かわいくない」ことも言う。






コメント ( 25 ) | Trackback ( 0 )



職人さん






職人さん。

男前な職業。
無口でも、無駄話が好きでも、ダジャレでし~んとさせても、関係ない。

道具をうまくつかいこなして、はい一丁上がり。
もしも、ぼくが主婦だったら、この当たり前のひとこと。

「そろそろ、お茶でも」

本来は、誰もが職人さんになるべき。
ぼくも、がんばらねば。





コメント ( 19 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ   




CATEGORIES