共 結 来 縁 ~ あるヴァイオリン&ヴィオラ講師の戯言 ~

山川異域、風月同天、寄諸仏子、共結来縁…山川の域異れど、風月は同天にあり、諸仏の縁に寄りたる者、来たれる縁を共に結ばむ

『支那そば』が食べたい!

2018年07月02日 23時17分15秒 | グルメ
最近観たテレビ番組に影響されたのか、ここ最近ラーメンが、しかも昨今主流の家系とかではなく、祖父が生前『支那そば』と呼んでいた昔ながらの『中華そば』が無性に食べたくなる時があります。

しかし、そういった目で探してみると、実は意外と『中華そば』を前面に出している店はありません。基本的に醤油味でも、背脂が全面的に振られていたり、そこまででなくても脂か浮いていたりして、私が思い描いている『中華そば』とは程遠いものが殆どです。

今日、チェーン店でほぼ唯一メニューに『中華そば』を謳っている《日高屋》に入って、『中華そば』をオーダーしてみました。そして出てきたのがこれです。

一見すると醤油ベースの澄んだスープに縮れた麺、海苔にチャーシューに支那竹と、絵に描いたようなそれに見えます。しかし、よく見るとスープの中に魚粉のような細かな粉末が浮き沈みしているのが見えますし、支那竹の味付けも薄めな感じです。

そして何より『…違う!』と思わされてしまったのが、肝心なパーツが欠けているのです。そう、『なると』がいないのです。これは致命的でした。

普段なら気にもしないのですが、いざ入っていないとなると妙に寂しい…そんな効用が『なると』にはあるのでしょうか?

こうしてみると、最早私が思い描いている『支那そば』は、鄙びた田舎の個人食堂にでも行かなければありつけないものとなってしまったのかも知れません。何とも寂しい限りです…。
コメント