旅するガーデナー

いつも五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も、哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット!

クリスマスが始まっていました。

2019年11月30日 11時09分26秒 | ボランティア(YEG)

今朝も冷え込みましたが日中はスッキリ晴れて少し気温が上がる予報。
長らく雨ばかりだったので嬉しいです。

昨日は横浜イングリッシュガーデンへサポーター活動に行ってきました。
この時期は何をするのか。
冬から春にかけてガーデンを彩る草花苗&球根と初夏に咲く宿根草苗の植え込みです。
まずはサポーター全員、移植ごてを手にして、植え込みに関する要領やこの時期の植え込みの意味等、担当ガーデナーさんから詳しい話を聞きました。
あらためて勉強になりました

ガーデンに入ると植えこむ苗と球根がセットしてありました。

穴は苗の大きさに掘り、底に少し肥料をいれ、その上に苗を入れ株元を土と軽くなじませる。
決して穴にギューギュー押し込まないこと。
球根は大きさ二個分の深さに埋めること。
など注意して植え付けました
エリア別に色味が分けられていて色々な種類の植物を植えました。
その中の裏白でイチゴのような葉の形のゴールーデンスターリット(写真右下)が気に入りました。
ウチでも植えてみようかな

バラが終わって桜が咲くまでの間の地面を、こうして冬から春にかけて咲く草花が覆って、ガーデンに色どりを足しているのです。
球根も含めると20000株以上も植えこむそう
春が一層楽しみになりました。


作業後のガーデン散策は玄関から
すでにクリスマス・ディスプレイされていました。


ガーデンに入ると目に飛び込む大きなクリスマスツリー
今年はシックです。

プレミアムビオラ&プレミアムハボタン等がふんだんに使われたハンギングバスケットもゴージャス。

今年もミニクーパーがプレゼントを積んで待っています。


ガーデン内では名残のバラが咲いています。
冬バラ、という感じでしょうか

芝生広場にも白を基調としたクリスマスディスプレイが。
フォトスポットになっています。

植え込み用の苗~苗~苗~


ガゼボもクリスマス

 

十月桜が引き続き咲いています。
青空に映えます

一つ一つの花は可憐

 この時期しか見られない紅葉と秋バラのコラボレーション

 

バラは初夏とは違う表情を見せてくれます。

モミジバフウも綺麗に色付いていました。


明日から12月。
いよいよクリスマスシーズンですね。
「師走」と思うと一寸憂鬱ですが、華やかな雰囲気もちょっとは味わってみたいな

 

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。
励みになります。

 

 人気ブログランキング

 にほんブログ村



 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 観葉植物と多肉植物を室内へ  | トップ | みなとみらいで忘年会&クリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ボランティア(YEG)」カテゴリの最新記事