旅するガーデナー

いつも五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も、哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット!

飽くなき追求

2020年02月11日 09時35分32秒 | 庭について考えた事

新しい庭づくりを始めて5年。
庭の宿根草が安定してきたのかと思われたがそうではなく、一気に大株等が枯れるという事態になり、結果築山では約三分の一に手を入れることになった。
枯れた植物を抜き、年々株が小さくなる植物を移植し、土壌改良を終え、2020年に新たに植える植物を注文し、到着。
これから植えこんで、春からは新しい風景を眺めることになる。
でも、それらの植物だって果たして何年この地で生育できるのか、植えてみなければわからないのが正直なところ。


栽培本に書かれていることは一般的なことで、環境によって育ち方が全く違ってしまうのは経験済の事実。
宿根草と言えども宿根せず、2、3年、長くて5年で一気に枯れることもあり、また新たな植え替えが必要になる。

ローメンテナンスで環境にやさしい庭をモットーにしており、気に入った風景は何年でも繰り返し見たい。
同じところに同じ花が咲く飽きることのない庭を作るには、なんと時間のかかることだろうと、今年改めて思い知った。
思えば旧庭は四半世紀かけてコツコツ作った庭だった。
満足気に眺めた時間はその中の何年間だっただろう。

そう思うと5年なんて始まったばかりのようなもの。
今冬植える宿根草の歩留まりは如何程か。
適地を求めて10坪強の庭内を移植し続けることになるかもしれない。
毎年少しずつ変化し、いつかまた旧庭の黄エビネ咲くボーダーガーデンのように、その季節が待ち遠しくなるような、そして見飽きない風景を作りたい。

 

たとえトライ&エラーの繰り返しになっても、見果てぬ夢にはならぬよう精進しなくては。
何よりそれが人生の楽しみであり喜びなのだから。
10坪強の広さだとしても。

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。


庭・花壇づくりランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 現代美術展の梯子とコーヒー... | トップ | いよいよ庭にも春が »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リコ)
2020-02-11 15:18:26
こんにちは

テレビで 河津桜の開花を見ると
春近し〜 とおもいます

 築山 そうなんですか?
 日当たり、風通し良く環境はバッチリと
 思えたのですが・・・
気温も原因のひとつになるのでしょうね

文面から 黄エビネも失敗でしょうか
 私のは 親株から増えた株に花芽ができたらいいなぁと思っています、2年前から
咲いています、植えたのは10年以上前です
ほとんど日陰なのが 気に入った様です。
環境 (Jo)
2020-02-11 17:48:48
リコさん
ようやく明日からまた暖かくなりそうですね!

築山は陽当たりが良いのはありがたいのですが、風当たりもあって乾燥しやすいみたいです。
ここ2,3年の夏は暑すぎるのか、耐暑性が中ぐらいだと長持ちしないようです。
品種によってはしっかり宿根している植物があるので、そのような植物を見つけるためにも色々植えてみなければ分からないみたいです。

黄エビネは枯れてはいないけれど、花芽がついているかは不明です。
昨年、半日陰に移植したので、今年はダメでも来年は何とかなって欲しいです。
環境が気に入れば着々と増える植物なんですけどね(苦笑)

育てたい植物と育つ植物が違うのが目下の悩みです(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

庭について考えた事」カテゴリの最新記事