ステーキ漂流記

365日毎日が肉フェスなステーキ食レポブログ!

「オールド・マンハッタン 東武百貨店 池袋店」(池袋)

2019-11-16 17:02:34 | 豊島区

【ステーキ漂流記】第6章
24軒目(新規427軒目)「オールド・マンハッタン 東武百貨店 池袋店」(池袋)


改装後の池袋の東武百貨店にかなり良い店が入ったものだ!!



まず、今日は夕方から東中野で用事がある。その前に映画を見たいが時間があわない。こういう時こそステーキでしょ。


すると、14時や15時すぎに食べられる店が意外と少ない。非フランチャイズ店はだいたい3時間ぐらいのランチタイムと17時ぐらいからのディナータイムに分かれ、その狭間の時間は通しでやっているフランチャイズ店の時間帯になる。


そこで目をつけたのがデパートやショッピングモールのテナントの店だ。この手の店は通しが多い。こうして思いついたのがあんまり行かない池袋。池袋の東急百貨店とかに新規の店があるんじゃないかなー、って思ったら、あった。

東武百貨店11階レストランフロアにある洋食「オールド・マンハッタン」。バカ高くもないお手頃な店。こういう店でいいんだよね。

11階に行くと、
お、あったあった。




カジュアルなグリルレストランらしい外装だが、店内は






BGMにジャズがながれシックな感じ。

早速席につき、メニューを見て、
前菜にホタテのカルパッチョとカルフォルニアコブサラダを、
ステーキはアメリカ産ブラックアンガス牛リブロースステーキ300g、それとグラスの赤ワインを頼む。


何気なくフォークとナイフもチェック。




なんの変哲もないようで、フォークはグリル洋食らしくちょっと細長い物。

ん、というか、この店の作りは以前東武百貨店が改装前に入ってたトルコライスを出す店に似ている。いや、似ているではなくてズバリ、その跡に入ったと見た。

まずはグラスの赤ワインが配膳。





そしてカルパッチョとカルフォルニアコブサラダが配膳……





その量にちょっと目が点になった。
これ、お一人様の量ではないね(笑)。まぁでもアウトバックやBLTステーキみたいな外資系の店でサラダがどんっと出る店があるよね。
で、取り皿に分けて食べると、ドレッシングが美味く、またポテト、アボカド、トマト、キュウリがブロック状にいっぱいあり食感良し。


そして、ホタテのカルパッチョ。





こちらはちゃんとお一人様用で安心(笑)。
そのホタテのカルパッチョを二つつまんだぐらいで、メインのステーキが配膳。





お、洒落た皿だ。
凝ってるね。


まずは一口。

うん、まあまあかな。

二口。
肉汁はそれなりにあるね。


タレをつけて三口目。
おおお!
このバターソースがステーキにぴったり!!
美味さが増幅してる!

以降、バターソースをつけたりつけなかったりで楽しんで食べる。

黒毛和牛メニューはランプであったが宮崎産なのでパスしたがこれなら頼んでも良かったかな?

ステーキを食べたあとはカルフォルニアコブサラダとホタテのカルパッチョも平らげる。

ステーキも前菜も店の雰囲気も存分に楽しんだ。
そしてお会計の時に店員さんに訊いてみたら、
・店舗は他にもあるがそちらはすき焼きのお店らしい。
・本店は名古屋。

HPには精肉店がプロデュースした店とあった。
名古屋と言えば「柿安」もある。
なるほど、「柿安」のレストランよりは若干高く、比較的「肉の万世」のグリルレストランに近い価格体型だが、雰囲気が抜群にいいんだよね。
お一人様でもカップルでも、団体やファミリーにはちょっと割高かな。
でも、ここはリピートしたくなるグリルレストランだね。

評価:★★★★★
素材:★★★★
グリル:★★★★
タレ:★★★★★
付け合わせ:★★★
前菜:★★★★
雰囲気:★★★★★
リーズナブル:★★★



コメント   この記事についてブログを書く
« 「サイゼリヤ 流山おおたかの... | トップ | 「モーメント」(市川妙典)  »
最近の画像もっと見る

豊島区」カテゴリの最新記事