ステーキ漂流記

365日毎日が肉フェスなステーキ食レポブログ!

「こはまや」(吉川)

2020-01-07 13:44:32 | 吉川市

【ステーキ漂流記】第6章
41軒目(再訪)「こはまや」(吉川)


今日は3ヶ月に1回の地元吉川の病院での内科受診の日。

だいたい13時までに採血採尿を終えてからお昼ご飯となるが、そのお昼の店はほとんど病院から歩いて2、3分の「こはまや」にしている。



「ステーキ漂流記」では「ハンバーグステーキ篇」を含めてこれまでに3回行ってるが、ステーキ(ハンバーグ)を頼まない時はここに書かないので、年2,3回ペースであと5回ぐらいは来ている。

病院の周りで徒歩で行けるのはここか鰻屋、あともう少し歩いて「安楽亭」になるかな。自転車ならもう少し行けるが、わざわざそこまで行ってガストとか日高屋というのも考えものである。
そうなるとやっぱり「こはまや」になる。




この丁度良さが「こはまや」の魅力なんだろうね。

お昼時だけあり、他に3組ほど客がいる。そこそこの人気。

ということで、久しぶりに「こはまや」のサーロインステーキと何かを頼もうかとメニューを見たら、名物の焼きそばの欄をよーーーく見ると
「半玉焼きそば」なるメニューがあるではないか!



サーロインステーキだけでなく名物の焼きそばも食べたいと思ったがフルサイズじゃ多いな、って思った矢先に狙い通りの半サイズメニュー。これは頼むでしょ(笑)。


まずはビール中ジョッキが配膳。



「こはまや」にはワインがないからこれになる。

「ステーキ漂流記」を書きながらしばらく待つ。
ふと、前回(2019年4月23日)の記事を見ると…3ヶ月に1回の通院→採血後のランチ→周りに鰻屋しかない→「こはまや」……とほぼ同じじゃないか(笑)。

そんな過去記事を振り返っているうちにステーキ配膳。



あ、出来れば半玉焼きそばの方が先に来て欲しかったが、ま、いっか。


一口。

おお、ちゃんと肉汁がある。
前よりも柔らかい。
よく切り口を見ると焼きがレアめになってる!!



二口目も変わらず。

あれ、「こはまや」のステーキと言えばこれまでカチカチだったのに、まさかのレベルアップにかなり驚いた!!
これまでここでサーロインステーキを食べる度に地元贔屓抜きの厳しい「ステーキ漂流記」の洗礼を受けてきたが、この何年かの間に“焼き”がレベルアップしてた……こういう展開いままでなかった。

そしていつも美味しい名物こはまや焼きそば。



最初まろやか、ほんのりピリッとする独特な焼きそば。ファミレスではほぼ再現不可能でしょう。

こうなると、内科だけでなく皮膚科で通う時も「こはまや」にするかな。

今年1発目の「ステーキ漂流記」、地元の超老舗店のおかげでいいスタートが切れた!

総合:★★★★
素材:★★★
グリル:★★★★
タレ:★★★
付け合わせ:★★★
焼きそば:★★★★★
リーズナブル:★★★★


コメント   この記事についてブログを書く
« 「焼肉おもに亭 アリオ西新井... | トップ | 「ファーマーズテーブル」(流... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

吉川市」カテゴリの最新記事