ステーキ漂流記

365日毎日が肉フェスなステーキ食レポブログ!

「洋風Dining 美食」(吉川)

2020-01-29 22:02:15 | 吉川市

【ステーキ漂流記】第6章
47軒目(新規447軒目)「洋風Dining 美食」(吉川)

またまたまたまたまた、
ボクの地元吉川で安くて美味い、凄い洋食屋に巡りあった!!



19時20分頃地元吉川へ。



うーん、前から気になっていた洋食屋に凸ってみますかね。


駅から歩いて10分……


の来来亭の通りからさらに5分歩いて、ようやくそれらしき灯りが見えた。


周りは住宅街。

ここだ!





洋風Dining美食。
自宅と駅のちょうど中間地点にある。出来て2年のお店だが、なかなか足が向かなかった。


入り口から入る。



洋食屋というより、明らかに一軒家風。


さらに中はこんな感じ。






完全自宅改装風で、その身近さが良い。

そしてこれがメニュー。




えええ、安い!!
ほとんどが1品1000円以下ではないか!!
サーロインステーキが780円!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ボクがその安さのあまり、カウンターにいたマスターらしき人に言うと、
「80gですから」
と。
それは分かりますが、
それだとしても780円はなかなか出せない。

ということで、
オードブル3点盛りと
マグロのタタキを前菜にし、
これにサーロインステーキとグラスの赤ワインを頼む。

店内にはもう一組50代のカップルがいた。
スタッフはマスター1人なのでこのぐらいがいいかな。

まずはグラスの赤ワインと



マグロのタタキが配膳。



そして、少しあとに来たオードブル。



まさにザ・前菜として魚と小品を楽しめる。
そういえば、先週行った吉川駅近くの「ビストロ酒場39居酒屋 フェスタ」も390円メニューを中心に500~800円ぐらいのメニューを展開していた。
まさかこの超リーズナブル路線が今の吉川の流行りなのか?

ちなみに、「美食」はアルコールメニューが330円、390円か480円で、
食べ物が550円から各パスタメニューがだいたい800円台と非常にリーズナブル。
そこに普通ならステーキが1500円から4000円で提供するが、そのステーキも100g以下とは言え1000円以下で提供する。
この発想が都内のイタリアンやフレンチにはなく、ごく普通のステーキを出していた。
安ければいいというわけではないが、それを断行するかどうかである。

しばらくして、ステーキ配膳。



80gとは言え見映えがちゃんとしてる。

一口。
焼きはミディアム気味だが肉汁がちゃんとある。美味い。

二口目はタレがかかってる部分を。
美味い!
タレがぴったり!!
柔らかさもある。
おそらく輸入牛だろうが弱点をちゃんと補っている。

安くても一つ一つがしっかりしている。これならいろんなメニューを頼みたくなる!


それで、デザート…もしくは〆の一品を頼もうとしたがメニュー表にデザートがない。
そこで、マスターにデザートを訊いてみると……
なんとなんと、ティラミスアイスを出して頂いた!!




サービスも良い!!

気がつくと奥の座敷席にスーツを着た地元議員風の一団が来たり、電話での来店の連絡があったりと、平日にもかかわらず賑わっている。

2500円のコースもあるが2名様からだったり、月曜日休みだったり、あとランチもやってたり、また来るのに色々覚えておこう。
必ずリピートしたくなる洋食屋。
吉川には多いね。


自宅のような雰囲気の洋食屋だが、これは近いうちに必ず再訪したい!!!!


総合:★★★★★
素材:★★★
グリル:★★★★★
タレ:★★★★★
付け合わせ:★★★
オードブル:★★★
マグロのタタキ:★★★★
ティラミスアイス:★★★★
メニューの豊富さ:★★★★★
雰囲気:★★★★★
サービス:★★★★★
リーズナブル:★★★★★
アクセス:★★(唯一の弱点。仕方ない)




コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「Agora」(流山おおたかの森)  | トップ | 「神田グリル 西新井アリオ店... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown ((く))
2020-02-14 14:32:35
本当に文章酷いな。
なにも成長していない。

コメントを投稿

吉川市」カテゴリの最新記事