花が好き!旅が好き!犬が好き!!

     今の、このひとときを大切に・・・

初めての、エリザベスカラー

2018-10-10 15:42:08 | うちのわんこたち


幸、昨日、脾臓の摘出手術を受けました。
経過観察中だった腫瘍が、少し大きくなってきたためです。
エコーで確認されていたほかにもできていて、
摘出して、良かったのだと思います。
腫瘍は、病理検査に出されました。
悪性でないことを、祈るばかりです。

写真で見たことがあったエリザベスカラー。
初めてつけました。
次の診察までの1週間、がまんしてね。

お昼頃帰ってきて、ごはんを食べて、ずっとこの場所にいます。



今日は、ソファで

2018-09-22 21:33:23 | うちのわんこたち

菜々は、よく、ソファに飛び乗っていました。
ソファからソファに、飛び移ることも朝飯前です。
でも、幸は、1度も乗りたがることはありませんでした。

最近、幸は、私がソファに座っていると、足をかけて、私の顔を見つめます。
お尻を持ち上げると、ひょいと自分で飛び乗ってきます。



菜々のこと、うらやましく思っていたのでしょうか。
6年も先に住人になっていたおねえちゃんに、
遠慮していたのかな?


そばにいてね

2018-09-20 23:44:28 | うちのわんこたち


菜々がいるときは、いつもちょっと離れたところにいた幸が、
最近は、私のそばにいます。



菜々がそうしていたように、
私が台所に立っていると、そばでじっと見ています。

そして、今日、初めて、自分から私の膝に乗ってきました。



うれしくてうれしくて・・・。

菜々の分まで、ずっと、いつまでも、私のそばにいてね。


菜々のこと

2018-08-16 23:14:57 | うちのわんこたち


2週間前の8月2日。
菜々が、亡くなりました。

朝、5時過ぎ、私の声にかすかに、でもはっきりと反応したのですが、
その数分後、声をかけると、もう、息をしていませんでした。
信じられませんでした。

歯茎が赤くなっているところが気になって受診していましたが、
急に大きく膨らんできて、6月2日に、切除手術を受けました。
すでに、腫瘍が奥まで進んでいて、取りきれなかった、とのことでした。

ひとりで迎えに行って話を聞ける自信がなく、
夫が留守だったため、N子さんに付き添ってもらって行きました。
急激に進行する悪性の腫瘍で、またすぐに膨らんでくるだろうとのこと。
取っても繰り返すだけなので、このまま様子を見る、ということになりました。

でも、診察室に出てきた菜々は、いつもどおりの元気な菜々で、
涙も吹き飛んでしまいました。

手術を受けた日も、食べっぷりはいつもと変わらず、
それから、1ヶ月ぐらいは、獣医さんも驚かれるぐらい普通に食べていましたが、

徐々に食べるスピードが遅くなり、
7月半ばからは、食べたがらなくなりました。
獣医さんに聞いたり、N子さんに聞いたりして、食べそうなものを探し、
ありとあらゆるものを試してみましたが、
1回目は食べたとしても、2回目も食べるということはありませんでした。
点滴をしていただくと、調子がいいようで、ちょっと食べたりしました。
毎日通うのは無理なので、自宅での点滴に切り替えました。

7月30日から、長女・次女と孫たちが帰ってきて、賑やかになりました。
亡くなる前日の夜は、皆で西武ドームに行き、
夜帰ると、菜々は横になっていましたが、
しばらくすると、なんとか歩ける、といった感じでそばに来たので、
次女に点滴をしてもらうと、あちこち場所を替えては横になっていました。
台所に立っていた私を、ずっと見ていた姿が忘れられません。
あのとき、そばにいてあげればよかった・・・。

もう長くはないかもしれない、と覚悟はしていました。
でも、こんなに早く逝ってしまうとは思っていませんでした。

その日、娘たちは自宅に帰ることになっており、
みんながいるときに、と思ったのかもしれません。
次の週は、私が仕事で終日留守にする日が続くため、
その前に、と思ったのかもしれません。
菜々が、その日を選んで逝ってしまったと思えるのです。

最後の食事は、前々日、
2歳近くまで育ててくれたN子さんが持ってきてくれた、「チュール」でした。

2週間ぐらい前から、腫瘍は落ち着いて、出血することもあまりなくなり、
右頬の大きなふくらみも、目立たなくなっていました。
次のシャンプーのときは、ドライヤーの負担を和らげるために短く刈る予定だった、
自慢のつややかな美しい毛も、そのまま。
きれいなままの菜々でした。

腫瘍がどんどん口の中に広がっていったとき、いやだったのでしょう。
顔をこすりつけたあとが、たくさん残っています。
ずっと出血も続いていて、気持ちが悪かったに違いありません。
でも、菜々は唸ることもなく、機嫌が悪くなることもなく、
ずっと、穏やかなままでした。
最後まで、自分で歩いてトイレまで行きました。

がんになってしまったことは、とても悲しい。悔しい。
でも、苦しまずに逝くことができた。
家族みんなで見送ることができた。
最後は、幸せな別れができた。 そう思います。
それが、救いです。

霊園に、写真を持ってくるように言われて、迷わず選んだ写真です。



もう一度、思い切り、走らせたかったです。


最後に、

母犬候補として大切に育てられていた菜々を引き合わせてくれた、
ブリーダー「ハトミネ」の店長さんに、
「ハトミネ」さん廃業後も、犬たちのことを見守ってくれて、
今回も、親身に相談に乗ってくれて私を支えてくれた元スタッフのN子さんに、
心から感謝しています。


菜々・幸 13歳になりました。

2018-07-18 23:45:03 | うちのわんこたち


菜々と幸、7月16日で、13歳になりました。
今日、トリミングサロンでシャンプーしていただいてきれいになったので、
記念撮影。



菜々は、今、がんと闘っています。
薬で症状を抑えているほか、治療方法はありません。
菜々のことは、いつも頭から離れませんが、
菜々には、心配そうな顔を見せないように、
できるだけ、居心地良く過ごせるようにと思っています。

お誕生日のお祝いに、首輪とリードを新調しました。
いつまでも、一緒にいられるようにと願って。



ジョイと

2018-04-30 22:01:40 | うちのわんこたち


ジョイとあらた。



ジョイとニコラ。



次女とあらた、午後、逗子にかえりました。
次に会うのは、あらたの初節句のお祝いの日。
ニコラは、そのときに、私たちが連れていきます。
「ジョイとニコラのほっこり」は、しばらく見られます。


ワタシのベッド!

2017-11-22 23:07:07 | うちのわんこたち


今朝、夫を駅まで送って帰ると、



一度、乗ってみたかったの。(ニコラ)


ボクのベッド!

2017-11-20 11:08:19 | うちのわんこたち


ソファで寝るのが好きなジョイ。
なんだか、人間っぽい、と思いませんか?





「ここ、ボクのベッドなんですけど・・・。」(ジョイ)



なかよし

2017-11-15 23:28:33 | うちのわんこたち

気がつくと、よく、一緒にいます。







おもちゃじゃないのっ!

2017-11-01 23:29:09 | うちのわんこたち


御歳10歳を迎え、以前にも増して、床で滑るようになってしまったジョイ。
ネットで探して注文したソックスが、今日、届きました。
次女とふたりがかりで履かせたソックス。
なかなか、優れものです。



でも、ガジガジ・・・5分と持ちませんでした。



高いおもちゃを買ってしまった!