ジョブカフェちば スタッフブログ!

ブログについての感想・意見は、メールで jobcafe@ccjc-net.or.jp まで

会社に訪問したときにコートはどうする?

2016年11月29日 | 就活プチ講座

今日は、ジョブカフェちばのキャリアカウンセラーからの

メッセージです。

 

先週に今年初めての雪が降って以来、寒さも強くなって

きましたね。就職活動中のみなさん、体調はいかがですか?

 

寒い中でも、企業の採用活動は続いていますので、

これからの季節はスーツの上にコートを羽織って、

説明会や面接で企業に伺うことが増えていくと

思います。就活中のコートの取り扱い・脱ぎ方に

ついては色々と悩むことも多いかと思います。

 

さて問題です。企業や面接会場に到着したときに、

着ていたコートはどうしますか?

①    部屋に通されるまでは着ておく

②    会社や面接会場の建物に入る前に脱ぐ

 

正解は②です。

そして、脱いだコートは、内側から両手をそれぞれ

肩部分に入れて、くるっとコートの内側が外側にくるように

コートを縦にたたみます。それから、2つ折って腕にかけるか、

3つに折りたたんで(A3くらいの大きさになります)鞄と一緒の

手に持ってくださいね。

(面接中は、鞄の上に折りたたんだコートを置きます。)

 

文章での説明はなかなか難しいですね。

上記の説明を読んでもコートのたたみ方がよく

分からない場合は、ぜひ「ちょこっと相談」で

ご質問ください!お待ちしています。


【就活プチ講座】面接のお礼状

2013年03月19日 | 就活プチ講座

皆さん、こんにちは!

面接のお礼状を出したことがありますか?

面接のお礼状とは、面接の機会をもらったことに対してお礼も兼ねて、

「その会社で、その仕事をしたい!」と自分の気持ちや意欲を伝える目的です。

お手紙やはがきで出したり、時間がないときは、メールで出すこともあります。

 

何よりも大切なのは、出すタイミングです!

面接が終わって、何日も経ってからお礼状を出しても、既に選考は進んでいます。

よって、面接が終わったあと、すぐに投函することが重要です。

中には、面接に便箋や封筒を持っていき、面接後に喫茶店で書いてすぐに出す方もいるようです。

 

そのお礼状によって、選考が360度かわるとまではいきませんが、

採用側もお礼状をみて「やる気がある!」と受け取り、嬉しい気持ちになりますし、

中には最後の決め手として参考になるケースもあります。

 

また、全ての面接で書くのは難しいと思いますが、

お礼状で面接では伝え切れなかったことも書けば、

自分のなかでもスッキリしてやりきったと思うこともできるかもしれません。

 

ジョブカフェにお礼状の見本もありますので、

参考に一度書いてみるのはいかがでしょうか?!

 


【就活プチ講座】面接での質問

2013年03月13日 | 就活プチ講座

皆さん、こんにちは!

面接の最後に「何か質問ありますか?」と面接官に聞かれて困ったことはありますか?

この時に、何も質問しないのは、NGです!

もちろん、面接の最中に具体的に聞きたいことを聞けて、

話が展開し解決したという場合は問題ありません。

その際には、そのこと自体を是非伝えていただけるとよいですね。

 「面接で様々な質問に答えていただいて、

  聞きたかったことが解決できました!」など。。。

 

しかし、

そのような話にならなかった場合に、

何も質問がないと、面接官はどのような印象を受けるでしょうか?!

 「うちの会社に興味がないのかな・・・?」

 「仕事自体に意欲がないのかな?」

などと捉えるケースが多いのです。

 

では、どのような質問をしていくと印象がよいのかを

しっかり事前に練っておくとよいでしょう。

皆さんの想像通り、給与や休日などの条件の質問は避けて、

それは内定後の条件確認で実施することが望ましいです。

 

なので、質問としては、自分が働いた時のイメージを具体的にできるように

「仕事内容」「顧客」「会社について(事業内容)」「社風など、仕事への取り組み方」等について

ミスマッチがないように質問するとよいでしょう。

ただし、「求人票」や「会社ホームページ」で書いてあることをそのまま聞いても、

ちゃんと読み込んでないなと誤解されてしまいます。

 

オススメの質問の仕方としては、

 「御社の仕事を求人票で拝見し○○○○○と捉えていますが、・・・でしょうか?」  

  ⇒仕事内容を確認ができるような質問です。

    その際には、自分が仕事理解を進めてもったイメージを話してから質問します。

    これは、他のことでも応用できますね。

 「この仕事には、○○○が必要だと思ったのですが、どのような方が活躍されているのですか?」

  ⇒求める人材を確認する質問です。

   応募職種に必要なスキルや経験などが自分と合致するか、もしくは、

   努力することでカバーできるかを確認できます。

   また、その会社の社風も感じることもできます。

 

この質問の共通点は、自分が調べた結果 “どう捉えたか” を伝えて、聞いています。

そのことで、きちんと御社を調べてますよ、ということも伝わり、

また、自分の捉え方が合っているのかどうかも確認できます。

 

質問一つでも、面接官に与える印象は変わります。

是非、自分の目的にあった質問を準備して、面接に臨みましょう!

質問の仕方に困った!という方は、是非ちょこっと相談で一緒に考えてみませんか?!

 


【就活プチ講座】面接は会話力

2013年03月07日 | 就活プチ講座

皆さん、こんにちは!

面接って、自分が試されるというか、評価されているような印象はありませんか?!

そのイメージから、受身になり、ただ、聞かれたことに答えていく・・・

そうなりがちです。

 

でも、面接は、“会話をする場”と捉えてみませんか。

採用側も仕事をするときに必要なコミュニケーション力をみています。

ポイントとしては・・・

 

①面接官の話をよく聴くこと!

 ⇒頷いたり、反応を示したり、聴いているということを態度や表情でも表しましょう。

  頷き方にもバリエーションがあるとよいですね。

 

②質問に対して正確に答えること!

  ⇒質問内容が理解できないときは、面接官に確認しましょう。

    もしくは、答えたけれど、その内容に自信がもてないときも、

    「こういう話でよろしいのでしょうか?」と確認することも可能です。

    そのことにより、そこで会話の軌道修正がはかれます。

 

③一人で話しすぎないこと!

  ⇒スピーチの場面ではありません。

   伝えようという気持ちが強くなりすぎると、話が長くなりがちです。

   結論から話し、要点をまとめて簡潔に伝えましょう。

 

④結論に対する道筋を整理しておくこと!

  ⇒③にもかかわりますが、結論に対して、何を根拠として述べたいのかを

   事前に整理しておきましょう。

 

⑤気持ち(意欲)や思いを込めて話すこと!

  ⇒準備した自己PRや志望動機を暗記し、そのまま話すと、

   台詞を棒読みしている印象になります。

   その情景が思い出し描きながら気持ちを込めて話してみましょう。

   

面接は、会話のキャッチボールです。

会話を楽しむというイメージももちながら、臨んでみませんか?!

 


【就活プチ講座】面接での緊張とどう付き合うか

2013年02月27日 | 就活プチ講座

みなさん、こんにちは!

 

面接の第一印象の重要性も分かっているし、

志望動機や自己PRなど準備もある程度行ったし、7つ道具もバッチリ・・・

でも、本番ではどうしても緊張してしまう。という方多いですよね。

緊張して、しどろもどろになり話せなくなる・・・

緊張で表情が硬くなってしまう・・・

 

では、その緊張とどのように付き合っていったらよいのでしょうか。

少し対策を考えたいと思います。

まず、 

  ≪対策1≫ 緊張することばかり意識しない。

           緊張することに意識がいくと余計に緊張するそうです。

          なので、他のことに目を向けるという方法、

          つまり緊張から目をそらすのです。

          例えば、面接で何を伝えようかということに集中するなどです。

  ≪対策2≫ 呼吸でリラックスする。 

          腹式呼吸を繰り返すと落ち着くそうです。

          まず、鼻から3秒から5秒ほどで息を吸い、ゆっくり口から5秒かけて吐き出します。

          それを何度か繰り返す方法です。

  ≪対策3≫ 緊張してもよいと開き直る。

         ≪対策1≫と少し似ていますが、緊張はどうせするもの、

          逆に言えば、ほどよい緊張は真剣さの表れです。

          面接官も応募者が緊張することは知っています。

          この方法は、先日綾瀬はるかさんがテレビで言っていました。

          呼吸法で駄目なときは開き直るだそうですよ。

    

その他に、お気に入りのアロマオイルなどの香りをハンカチに染み込ませて

面接前に臭いでリラックスする、また、集中できる音楽を聴いておくなど、

自分のお気に入りの方法を見つけてくださいね。

     

          


【就活プチ講座】面接での第一印象の重要性

2013年02月25日 | 就活プチ講座

皆さん、こんにちは!

面接の準備として7つ道具は、バッチリですか?!

まめたんも、再確認しましたよ。

 

さて、先週、 “笑顔の効果” について掲載しましたが、

面接でまず最初に重要になるのが、何といっても 「第一印象」 ですね。

第一印象は、まず視覚から入る情報で決まると言われています。

諸説にもよりますが、2秒から6秒ぐらいの間で決まるとか。

 

視覚から入る情報とは、

表情や話し方や話すスピード、声のボリューム、立ち居振る舞いなどです。

 

そこで、特に意識したいのは、

 ①笑顔や表情

 ②ビジネスマナーに適した身だしなみ

 ③ハキハキした話し方や受け答え

 ④メリハリのある動作、立ち居振る舞い  です。

 

第一印象は、少しの意識付けや日頃の習慣ですぐに変えられます。

鏡をみたり、第三者に感想を聞いたりしながら、第一印象をアップさせましょう!

 

ちなみに、ジョブカフェちばのほうでは、

印象アップセミナーとして、ビデオに写して自分の印象を確認できますよ。

3月は、1日と26日に実施予定です。

   

 


【就活プチ講座】面接に行くための7つ道具

2013年02月22日 | 就活プチ講座
みなさん、こんにちは!
 
4月入社に向けて就職活動を進めている方が多い時期ですね。
 
月曜日には、面接での笑顔の効果について掲載しましたが、
  
面接に行くための「7つ道具」ご存知ですか?
 
 
 道具①:履歴書や職務経歴書などの応募書類
      (応募書類をもとに質問のやりとりが行われます。
       すでに提出しているかたは、そのコピーを持っていくとよいですね。)
 
 道具②:求人票
      (条件面での確認ができるためです。)
 
 道具③:筆記用具
      (メモを取るのは社会人の常識です。)
 
 道具④:手帳
      (スケジュールや時間管理も社会人の常識ですね。)
 
 道具⑤:時計
      (携帯で確認するのはマナー違反、腕時計を準備しましょう。)
 
 道具⑥:携帯電話
      (電車の遅延で遅れるなど、何かあったらすぐ連絡ができるように!)
 
 道具⑦:財布
      (意外と忘れやすいので注意ですね。)
 
 
もちろん、身だしなみを整えて行きましょう!
 
家を出る前や、または面接会場最寄りの化粧室で、
 
鏡を見て最終チェックをしてくださいね!
 
 
 

【就活プチ講座】笑顔の効果

2013年02月18日 | 就活プチ講座

みなさん、

面接では、どんな表情で話していますか?!

 

模擬練習や面接練習関係のセミナーで、

「緊張してしまって笑顔になれない。」「表情が固まってしまう。」など、よくお聞きします。

 

そうですよね、面接は、誰もが緊張するものですから、

笑顔を意識していこうと思ってもなかなかうまくいきません。 

 

もちろん、面接の初めから終わるまで、ずっと笑顔でいなければいけない訳でもありません。

例えば、挨拶の時や会話のところどころの一部でいいのです。

 

とはいえ、笑顔の表情を作っているのは、表情筋の一部の筋肉です。

急にやろうとしても、普段から鍛えておかないと、筋肉なので衰えてしまいます。

まずは、鏡で、口の両端を頬に向けてあげる笑顔の練習をしましょう。

日頃の積み重ねによって、表情筋が鍛えられ笑顔を作りやすくなります。

 

笑顔は、親しみを感じ、相手の気持ちに安心感を与えます。

第一印象をアップする近道です。

また、笑顔によって、自分の気持ちも前向きにする効果もあるそうです。

 

是非今日から意識してやってみましょう。

周りにも明るい気持ちが伝播していきます。