源平の史跡を訪ねて

全国いたるところにある源氏と平家の史跡を訪ねています。少しだけ源氏物語の史跡も紹介しています。

11日大河最終回「新しき国」

2005-12-12 02:04:01 | 大河「義経」
藤原氏4代目泰衡にプレッシャーをかける頼朝、そして藤原三兄弟の結束は崩れ内部崩壊していく。泰衡は、義経を討つため軍を派遣し、義経主従は少人数で戦いに挑むが鷲尾熊、喜三太、駿河次郎そして伊勢三郎らが次々と死んでいく。敗戦を知った弁慶は義経を堂に入れ、自分はその前に立ちはだかる。そして義経は自害して31歳の波乱の生涯を閉じたのである。弁慶は、最後まで義経を守るため堂の前で仁王立ちになり無数の矢を受けて立ったまま事切れる。
頼朝は、義経の死を知り肉親の情がこみあげてきて涙を流した。
うつぼは、鞍馬にでかけました。そこには、幼少のころの遮那王・義経が走り抜ける姿を見ました。

義経は組織を拒み、1匹狼として自在に生きたその短いが華やかな人生を閉じた。享年31歳。

1年にわたって放映された「義経」も終わりました。今年は、ドラマの影響で「義経伝説」を追って各地の史跡を訪ねてきました。800年以上も過ぎた今も義経の人気は衰えることもなく現代の人々の心の中に伝わっています。

久しぶりに見ごたえのある大河でした。1年間通じて日曜日は「義経」を見るが生活の一部になっていました。タッキー、マツケン、その他の俳優さんそしてドラマを支えたNHKスタッフ一同に
「お疲れさんでしたそしてありがとう」のメッセージを送ります。
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 義仲と甲 | トップ | 北陸道源平の史跡(1/2) »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最終回 (やっちゃん)
2005-12-12 08:34:50
最終回を見終わってそれぞれの場面に感動がありました。

主従のきずな、それぞれの死、中でも弁慶の立ち往生の凄さをまざまざと感じました。



ラメールさん、「義経」の取材を通して意義ある一年でしたね。

次は? 
Unknown (ラメール)
2005-12-12 11:24:24
やっちゃん

訪問とコメントありがとう。



義経、自害で1年続いた大河も幕を閉じました。久しぶりに1年間見続けた大河でした。

視聴率も合格点だったようですね。

日本人の心の中には判官贔屓があるのですね。



大河は終わりましたが、源平の史跡には訪問していない所もありますのでこのブログはもう少し続けていきます。
義経ラスト (しずか)
2005-12-12 14:00:20
一年間見続けた視聴者にもお疲れ様です!

日曜日は「義経」をオンタイムで見たくて、あまり外出しないようにしていました。(笑)旅行へ行くにも、日曜ははずしていたのですよ。



ラメールさんもまだまだ源平の史跡を追って下さいね。私ももう少し義経を追いかけてみようと思います。
Unknown (ラメール)
2005-12-12 17:29:51
しずかさん

もう「義経」が終わったのかと思うと残念ですね。しかし、今年1年は十分楽しませてくれました。

史跡訪問は、今後も続けていきます。全国にある全ての史跡が訪問できるといいなぁと思っています。しずかさんも訪問した史跡があればアップしてください。
義経 (しずか)
2005-12-12 19:07:17
義経は元々好きな歴史上の人物でしたが、今年、滝沢義経の大河を見ながら、史跡を追ってみたら、虜になりました。(笑)全国各地にはまだまだ史跡はありますから旅行と兼ねて廻れたらと思います。
義経 (merry)
2005-12-12 22:07:19
大河が終わりましたね・・

テレビを見て、歴史の勉強をして、その史跡を訪ねる。

この「テーマのある旅」にすっかりはまってしまいましたね。

でもこれで終わりでなく、これからも続けて行きたいものです。

Unknown (ラメール)
2005-12-13 00:52:51
しずかさん、再度の訪問ありがとう。

Merryさん、訪問とコメントありがとう。



大河見て、史跡訪ねて、歴史と古典の勉強といろいろと楽しめたのは、ドラマ「義経」のお陰ですね。

そして、同じようにまだまだ史跡訪問を続けるのは私も同感です。

コメントを投稿

大河「義経」」カテゴリの最新記事