源平の史跡を訪ねて

全国いたるところにある源氏と平家の史跡を訪ねています。少しだけ源氏物語の史跡も紹介しています。

13日大河「夢の行く末」

2005-11-14 02:30:24 | 大河「義経」
今回は、それほどの山場もなく、見るのもあまり力がはいりませんでした。
ストーリーもうろ覚えでコメント書くのに苦労しています。
頼朝の攻撃が強化され、院もしずかも問い詰められていました。義経は、ころころ変身する後白川法皇をまだ信じているようで、義経、人が良すぎるよと言いたいくらいです。ドラマの最後は、行家が処刑された。
追い詰められていく義経ですが、最終地の平泉行きが決定、「義経」フィナーレに向かってどんな盛り上がりを見せてくれるのでしょう。

16日~17日に安宅の関を中心に北陸の義経史跡を訪ねます。ドラマでは、27日頃に放送予定です。
コメント (9)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 一の谷坂落し講演会 | トップ | 壇ノ浦合戦の史跡地図 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夢の行き先 (しずか)
2005-11-14 08:28:12
私は義経と屏風との再会が印象に残りました。夢の都を描いた屏風は、追い詰められた義経に、希望の光を与えてくれたのでしょう。

北陸行きの日程が決まったのですね。「如意の渡し」にも行かれますか?
Unknown (ラメール)
2005-11-14 09:33:20
しずかさん

おはようございます。

昨夜から、チョット寒さを感じます。いよいよ冬入りですね。風邪をひかないようにご注意くださあい。



タイトルの「夢の行き先」の通りに、義経は新しい国を造る夢を持っていてそれが屏風で表現されたのでしょう。

「如意の渡し」は知りませんのでこれから調べます。そんな史跡があるのを教えてくださってありがとう。
如意の渡し (しずか)
2005-11-14 14:06:20
お時間があったらぜひ、高岡にも行って来てください!「義経記」では如意の渡しの場面が出てきます。
安宅関 (merry)
2005-11-14 15:39:26
昨日安宅関に行ってきました。

良いお天気で、思ってたより暖かかったですよ。

神社の中に宝物殿があり、無料で見られるそうですが、昨日は七五三のお参りで賑わっていたため入る事ができませんでした。

16日なら入れると思います。
ただ今~! (やっちゃん)
2005-11-14 18:50:10
ふるさと富山から帰ってきました。

行きに寄るつもりの「安宅関」に行って来ました。やはり大河ドラマの影響で観光バスも来ておりましたし、車での観光客も多勢でした。



しずかさん、春に話題になっていた「如意の渡し丸」にも先日乗ってみました。

対岸まで行って一周りしてくるだけでしたが・・・
Unknown (ラメール)
2005-11-14 23:03:15
しずかさん、merryさん&やっちゃん

訪問とコメントありがとう。



如意の渡しが分かりました。勧進帳の原型になった事件とか、それなら行きたいですがちょっと場所が離れすぎているかも。



安宅関に行かれたのですね。七五三と重なったのですか。にぎやかで晴れていてよかったですね。

安宅関と如意の渡しと行かれたのですね。同じような義経と弁慶の話、どちらが本当なのでしょう。



16~17日は  てください
如意の渡し (しずか)
2005-11-15 08:39:18
やっちゃんさん、お帰りなさい。「如意の渡し丸」のお話、また詳しく聞かせてくださいね!
行家殿、斬首! (ちこりん)
2005-11-15 23:13:45
最後まで責任逃れ的な言葉を吐いて、斬首された行家殿・・・。



口八丁的な人だったんで商売人だったら成功していたかもしれません♪
Unknown (ラメール)
2005-11-16 01:00:35
ちこりんさん

訪問とコメントありがとう。



ドラマでは、いろいろとアクセントを付けてくれましたね。行家もついに今までの行状を斬首と言う形でけりをつけたのですね。

コメントを投稿

大河「義経」」カテゴリの最新記事

トラックバック

義経、西国へ!(7) (源氏の歴史<NHK大河ドラマ「義経」をもっと面白く見るために>)
秊歌舞伎になった「船弁慶」 明治期の歌舞伎の名優、九代目市川団十郎が明治18年(1885)に初演した、松羽目(まつばめ)物(能狂言に取材した歌舞伎舞踊)の「船弁慶」は、初演以来、さまざまな歌舞伎役者たちによって形が洗練され、現在も上演回数の多い人気作.