源平の史跡を訪ねて

全国いたるところにある源氏と平家の史跡を訪ねています。少しだけ源氏物語の史跡も紹介しています。

4日大河「静よさらば」

2005-11-07 02:24:34 | 大河「義経」
別れと義経放浪の始まりがテーマーの大河でした。

・萌と別れ話、しかし鎌倉に帰っても萌の居場所はあるのでしょうか。
・静との別れ、義経は今回も静に説教される。「義経様の新しい国を造る・・・・       
大事の前の小事」とか言ってました。そして、吉野で義経は「無事であればいつかは会える」と静と別れる。

西国へ行って兵を募り頼朝と一戦交える積りが平家のたたりで船難破、都へ帰ると決めるが突然天狗が現れ京には戻れないと告げる。そして吉野へ。

細切れに場面が展開して、チャンバラシーンも2回ほど入って、
残り5回の大河「義経」でございました。

吉野から逃避行を続ける義経の後を追って、北陸・安宅の関へ行ってみたいです。
コメント (7)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 義経の逆落としは何処??? | トップ | 鵯越の碑 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昨日の大河 (しずか)
2005-11-07 08:57:26
昨日の夜遅くに帰宅したので、深夜に「義経」を見ました。

静との別れの場面、見ていて辛かったです。

私は、来年になったら吉野、安宅の関に行きたいと思ってます。
Unknown (ラメール)
2005-11-07 10:01:00
しずかさん

深夜帰りなのに、早朝から訪問とコメントありがとう。

来週は、静が義経を慕って舞う「静の舞」がメインでしょうね。石原しずかがどんな舞を披露してくれるか。
吉野 (merry)
2005-11-07 13:45:27
あと5回ですか。

どうりで大急ぎのストーリーでした。

年内に安宅関と吉野に行きたいと思っているのですが・・なかなか計画通りには行きません(涙)
安宅関 (やっちゃん)
2005-11-07 20:31:09
皆さんの「義経」に対する思いに影響されて今回の帰省は予定通り5日に出発していれば小松ICで降りて「安宅の関」に寄って来ようと思っていましたが・・・

予定が早まり取材は果たせませんでした。・・・
Unknown (ラメール)
2005-11-07 23:33:10
merryさんとやっちゃん

訪問とコメントありがとう。



安宅の関が今焦点ですね。

merryさん、大河評論家だけあって吉野も安宅関も予定に入っているのですね。

やっちゃん、近くまで行かれたのにおしかったですね。

私も行ってみたいです。来週あたり都合がよければと思っていますがどうなることやら。
お経♪ (ちこりん)
2005-11-10 17:05:59
西国落ちは、能など後世で色々と物語化されました♪弁慶殿が、お経を読んで怨霊を退散させたのは時代を反映していますね♪

当時(というか中世)は、疫病などの病気にたいしても現代にように対策が施されていませんし、細菌・ウイルスの存在も知られていないので「病気になるのは神罰によるものだ」と思われていて‘祈り’によって治す術しかありませんでした。それほど‘祈り’が重要視されていたということですね♪

Unknown (ラメール)
2005-11-10 23:07:32
ちこりんさん

訪問とコメントありがとう。



今でも不可解な現象や直らない病気が多いのですから800年も前なら神の罰と言っていたのが理解できます。

平家知盛も3連敗ではなかなか成仏できないのでしょうね。

コメントを投稿

大河「義経」」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

義経(第44回)「静よさらば」 (40代の私にとっての最新情報・重要ニュース)
先週の視聴率は15.3%。少し持ち直したかな。もはやこのドラマ、1年間苦労様でしたという気持ちでエンディングまで見守っていきたい気がする。 都を去る決意をした、滝沢秀明。あいかわらずめちゃくちゃな大杉蓮。タッキー大変だ。 法皇(平幹二朗)より九州行きを命じら
義経、西国へ!(2) (源氏の歴史<NHK大河ドラマ「義経」をもっと面白く見るために>)
烈鮮やかな引き際 翌3日の早朝、義経は主従二百騎だけで、静に都を出ました。 「義経等の所行、実に以て義士と謂ふべきか。洛中の尊卑随喜せざる無し」(『玉葉』・十一月3日条) と、九条兼実が記すように、義経の都落ちは実に堂々としたものでした。かつて平.