JN1KWRのブログ

FT-817×2台とモービルホイップでサテライト移動を楽しんでいます。

近場でSSBの稽古(板橋区、新座市他)

2018-01-11 21:40:36 | 移動運用
1月11日

XW-2C:板橋区 CW 3局/SSB ●
XW-2A:板橋区 CW 1局/SSB 2局
 1エリアのCWはほぼ行き渡ったと思われますが、SSBとなると大御所のサテライター諸氏もまだまだ未交信の所が多いようです。最近新たに入手したリストを見ても、普段仕事で回っている辺りにもいくつかの魚影が確認できます。早めに出勤してSSB運用にも挑戦してみることにしました。
 次便から運用開始を予定していましたが、鳥取市某局からの「出勤はまだか」のメッセージに急かされて早めに出勤。家のすぐ近くで6:20からのXW-2Cに出てみました(写真上左)。準備が整い、AOSから数分遅れてCQ。平日の早朝にもかかわらず、鳥取市某局以外にもシャック入りしている局がいらっしゃいます。MEL頃には大体出揃ったようなのでSSBに切り替えてみましたが、ダウンリンクの強度が十分ではなく、自分の声のループらしきものが聞こえたのは一瞬でした。
 慌てて家を抜け出してきたので、忘れ物を取りに一旦家に戻ってから、先ほどの場所で6:47からのXW-2A。今度はまずまずのダウンリンク。CWで1局交信後SSBに切り替え。どうにか2局交信できましたが、後半はループが取れなくなり早めのCLとなりました。

新座市(1330):7MHz CW 2局
入間郡三芳町(13001F):7MHz CW 1局
所沢市(1308):
 先週土曜日のサテライトSSBデビュー戦で惨敗を喫した、本日の仕事先のすぐ近くのお馴染みのトリプルの土俵に到着(写真上右)。ちょっと時間があったので7MHzに出てみましたが、コンディションはさっぱりでした。所沢市はボウズでトリプルならず。

XW-2A:新座市 CW 2局/SSB 1局
 HF運用の後、わろてんかを見てから8:20からのXW-2Aは新座市から。ループは早めに取れましたがCWは空振り。早めにSSBに切り替えましたが、こちらもしばらく空振り。CWに戻ると鳥取市からコール。続くJBPさんは取りこぼしましたが、ダウンリンクが強くなってきたのでSSBに切り替え。どうにか鳥取市と交信できました。再びJBPさんからCWでアタリがあったので最後にCWへ。どうにか交信できましたが、新座市シングルのままでLOSとなりました。

CAS-4B:三芳町 CW 2局/SSB 3局・新座市 SSB 3局・CW 2局
 三芳町で仕事を仕事を終え、先ほどの土俵に戻って9:10からのCAS-4B。このパスは狙い通りの強力なダウンリンク。後半も引き続き良好で、名誉横綱衆お三方がSSBでダブルそろい踏みとなりました。以前から荒川土手でたびたびアイボールしているお馴染みのEMHさんですが、無線機を通した「声」を聞くのはお互い初めて。新鮮な感動を味わうことができました。 

CAS-4B:東久留米市 CW 3局/SSB 3局
 所沢市で仕事を終え、次の仕事先の東久留米市に向かう途中で10:49からのCAS-4B(写真下左)。引き続きまずまずのパスでしたが、SSBになるとループを追いかけるのが大変です。何度かCWでループを取り直す必要がありますが、操作にも幾分慣れてきたように思います。SSBのお魚も無事サービスできました。

CAS-4B:練馬区 CW 2局/SSB 1局
 近場に戻って最後にもう一丁。12:30からのCAS-4Bは先日SSBが惨敗だった練馬区のリベンジで光が丘公園脇から(写真下右)。やはりCAS-4Bはお昼前後の便はダウンリンクがかなり弱くなるようです。この調子ではSSBは厳しそうですが、信号の浮き上がりを見極めながらダメ元でトライ。一瞬のチャンスを逃さず鳥取市からコール。うっかり離席して三芳町を逃して悔しがっていましたが、最後にもう一つSSBのニューをゲットされました。その後も3エリアの名誉横綱衆と思われるアタリがありましたが、周波数がズレていてコピーできませんでした。先日鳥取市某局からアドバイスされた通りRITを使うことを思いつきましたが、滅多に使わない機能なので、ボタンを探してもたついているうちにループが取れなくなりました。まだまだ修行が足りません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« オール埼玉コンテスト | トップ | 茨城県遠征 午前の部 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

移動運用」カテゴリの最新記事