住まい・あ・ら・か・る・と

建築士・インテリアコーディネーター・そして介護福祉士として、生きるための器としての住まいへの想い

夏の入り

2019-06-25 15:01:34 | 日記
夏至も過ぎ、暦の上では夏真っ盛りという時季ですが、記録的な梅雨入りの遅い年ということで、雨も降らず、蒸し暑さもなく風は爽やかでとても過ごしやすい毎日です。窓を開けて外の風を招き入れるととても気持ちよく過ごせています。

とはいえこのまま雨が降らずでは田んぼが干上がってしまいますし、飲み水にも事欠く事態になってしまってそれはそれで生活に支障が出てしまいます。暑い夏はうんざりですが、その夏のおかげで生きていけていることに感謝しなければなりませんね。でも、少しでもそのうんざり暑さをやり過ごす方法はないかなと思ったりします。

私はグリーンを適度に生活空間に取り入れています。観葉植物です。植物は春先からこの時期にかけて緑が生き生きと綺麗になってきます。新しい葉や花が咲きだし生命の躍動感も感じたりします。そういう「生きてる」感が好きです。

部屋の中はポトスが簡単に育てられて思うように造形もできて重宝しています。増やすのも簡単です。ベランダでは四季咲きのベゴニアが春から秋までは次々に花を咲かせ、楽しませてくれます。

外のプランターには宇宙朝顔と言ってかつて宇宙ステーションに滞在した山崎尚子氏がステーションから持ち帰った種を各地に配布したものをいただいて毎年種を取って植えているのですが、それが本葉をだしています。緑も圧倒的に多いと疲れてしまいますが、遠くに新緑の山並み、近くに早苗の田んぼ、身の回りにスポットな観葉植物という配置だと、気持ちよく過ごせるようです。

涼しさを視覚や聴覚、肌感覚で取り入れて、冷房漬けにならないように心がけています。


最新の画像もっと見る

コメントを投稿