No Morse, No Life.

20数年ぶりに再開したアマチュア無線でしたが・・・
こんなにモールスにはまり込むとは、思いもしませんでした。

スピーカーのレストア 完了

2018年01月08日 | 日記

スピーカーのユニットをエンクロージャーから取り外します。

ユニットのフレームとガスケットの間のウレタン部分はボロボロですので、ここに先の平らな、出来ればユニットのフレームに傷を付けにくいモノ(→自分の場合は、キーウィ―の皮むきにオマケで付いていたプラスチック製のナイフを使いました)を差し込んで、ガスケットを剥がします。

 

ボロボロになったウレタンが張り付いています。

 

これを剥がすのですが、物理的に剥がすだけでは、なかなか綺麗には行きません・・・

 

残った接着剤を綺麗に取るために、シール剥がしの溶剤も使いました。

ここまでが、一番手間がかかりました。

お次は、コーン紙の裏側に残ったボロボロのウレタンも剥がします。

ここは溶剤等は使わず、彫刻刀の平刀で丁寧に削ります。

 

削ったところで、一緒に買ったボンドをコーン紙に塗って、交換用のエッジを貼り付けます。

 

最後に、エッジとユニットのフレームもボンドで接着し、その上からガスケット(→これも裏に残ったボロボロのウレタンを平刀で丁寧に削っておきます)をボンドで接着し、完成です。

 

手間はかかりますが、数千円の投資(→自分の場合は、片側1ユニット分で3,000円+税でした)で復活出来るのは良いですね、昔気に行って手に入れたモノですから。

実はもう1セット、学生時代にバイトをして買ったビクターのスピーカーがあるのですが、やはりウーファーのエッジがボロボロになっていました。

 

 

こっちはJBLよりもさらに古く、買ってから30年以上経過していますが、エッジの状態はJBLよりもマシですね・・・保管状態が良かったのか、製造品質の違いなのか・・・

ファンテックさんのサイトを確認したら、こちらのユニットにも合うエッジが有るようでしたので、こっちも近々にレストアしようと思っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« スピーカーのレストア | トップ | アナログ回帰 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
.. (JA1WSE)
2018-01-15 19:27:18
...
器用ですね! (ocr)
2018-01-26 22:46:49
私はそこまで手をかけたくなるようなスピーカーは手元にないですが,いつか必要があったら GEL さんみたいにやってみたいと思います.うまくできるか自信はないですが.hi
Re:器用ですね! (jl1gel)
2018-01-27 09:28:21
年末にアナログプレーヤーを押入れから引っ張り出して以来、プチオーディオ熱です。いま真空管アンプを構想中です…

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事