はなまる日記  出雲で、波動ヒーリングによる整体・カウンセリングの実践と研究をしています。

はなまるヒーリング整体を運営しています。私が思うことや、日常に起こったこと、グルメ情報などを綴っています。

   

日本の建国は・・・

2019年11月18日 | 日記
日本の建国はかなり古く、時の権力者に情報操作され、真実を知るのは難しいものがあります。
ですが、これを紐解いていき、真実に迫るのは面白いことですし、日本人として、日本の建国を正しく知りたいとも思います。
以前から、私なりに調べてきましたが、なかなかうまくいかないことが多く、今日に至ってます。
ここ何日か、またこれにはまり、調べてみました。
日本のあけぼのとも言えるのは、やはり、ニギハヤヒ(饒速日)が奈良に上った時から始まるようです。
ニギハヤヒは物部氏の祖と言われています。
物部氏は、元来は星辰を祭る家系で、その先祖は中東にあったと思っています。
星を観測して、暦を作ることで中東では王族をサポートする氏族で、日本では古代鉄の製造の技術もあることから、軍事的な力も持っていました。
その一派が日本の佐賀や福岡に移り住み、福岡県鞍手郡に物部二十五部人といって、25の集団がいたようです。
そのうち、小竹町の狭竹(こたけ)物部が島根県の出雲に移り住み、ニギハヤヒが生まれ、日本のあけぼのを築いたと思います。
ニギハヤヒは吉備にも若い頃、何年か滞在していて、奈良に上り、強大な国をつくりあげていった。
当時、吉備は瀬戸内海の物流の中心で、これを支配下に置き、力をつけて行った。
このころから、物部氏が力を持つ世の中が何代か続きます。
この後、蘇我氏が力を持ち、藤原不比等へと権力が移り、不比等の代で以前の物部氏の世を消し去って、歴史をかなり歪曲してしまったといえると思います。
こうした大きな流れを、まだまだですが勉強して行きたいと思います。
コメント   この記事についてブログを書く
« ストレスのない人 | トップ | 神経による症状 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事