Spicy Dog Diary

刺激の強い犬のお話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダメ犬のムダ吠え②

2005年02月27日 | 
      

さらにさかのぼること、その6ヶ月前…

13年間一緒に暮らしてきた愛犬が死んでしまいました。
涙涙の日々でした

そんなある日、運命の里親募集が目にとまってしまったのです
涙で目がくもっていた私と母は←そうとしか思えない(笑)
なんだか死んじゃった犬に似てる
と思ってしまったのです。(同じ犬種、同じ色ではあったのですが…。)
…しっかりしろ、その時の私

そして1分でも1秒でも早く引き取らなくてはという
ミョーな使命感に燃え、昨年1月、我が家にやってきたのでした。
いやいや、あの頃はダメ犬の生霊にでも憑かれていたとしか思えません
やってきた犬はといえば、前の犬になんか全然似てないっ!っていうか
目つき悪すぎっ!!っていうか~、凶暴すぎっ!!!
…ガックリ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ダメ犬のムダ吠え①

2005年02月26日 | 
      

さかのぼること1年1ヶ月前…

動物保護団体のHPで里親募集をしていたアメリカンコッカースパエル
を引き取ることになりました。(♀、8歳)
そして悪夢のスプラッタな日々がスタートしたのです

家にやってきた当初、
・5分~10分おきにワンワン吠える
・そばで動くモノがあれば、すかさず噛みつく(たとえ人間であろうと
・エサをやると周囲を威嚇しながら食べる
 (食べてるのか、吠えてるのか判別不能
・床をベロベロ舐めて徘徊し、常に食べ物を探している
・食糞
・何より人相(犬相?)が悪い!悪すぎる!!

などなど、ヤツがやってきたその日から、
我が家はなにやら不穏な空気につつまれたのでした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お留守番犬

2005年02月24日 | 
      

私たちの新婚旅行のカゲに泣くモノあり…。
それは、実家の犬一匹。(アメリカンコッカースパニエル♀)
写真で見ると一見カワイイ風ですが…
私以外の家族には手に負えない超問題犬なのです
そういうわけで、お留守番となり、近所の動物病院に預けられたのでした。
(ペットホテルなど、とうていムリ

2週間のロングステイ。
もしかしたら、もしかして…
超おとなしい犬に変身してたりして
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰国

2005年02月20日 | 
ブリスベンからの飛行機はスチュワーデスさんの椅子と向かい合う席で
かなり広々~
わりと快適な空の旅でした

とは言うものの、疲れているのになんだか眠れない
おかげ様で映画を見続けて帰ってきました。
とうとう、奥様の登竜門韓流スター物、ビョン様の映画も拝見し
この新婚旅行をもって、立派な奥様の仲間入りとなったのでした(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最終日

2005年02月19日 | 
最後の宿泊は、バンバリーのキャラバンパークのキャビンでした。

ドルフィンディスカバリーセンターという施設で、イルカを待ちましたが
結局見れず…バンバリーを後にしました
パースのスワン川のほとりで、旅の終わりの哀愁に浸っていると
船上結婚式を終えたらしいウエディングドレスのカップルがやってきました
そ、そうだった…なんとなくアウトドア風の旅をしてきて、なんだか
やりとげたみたいな気分になっていたけれど…新婚旅行だったよ

というわけで夕食は、ちょっと優雅にカフェレストランで
ロブスターを食べました
美味すぃ~

そして23:30の便にて一路…ブリスベンへ
悲しいかな、乗り継ぎ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワルポールへ

2005年02月18日 | 
      

ツリー・トップウォークという所へ行きました。
高さ40メートル程のスチールのつり橋を歩いて
カリーの木の間をぬけていきます。

ここは、今までで1番観光客が多かったです。
受付の人には「今日初めての日本人だわ」と言われました。
入り口付近からいつもと違う気配に気付いてはいましたが…
とにかくジロジロ見られるのです
そりぁ、ジャージまがいの布を身にまとったアジア人は
多少浮いていたかもしれませんが。
それにしたって…
アジア人が珍しいのか、ここにアジア人がやって来た事が珍しいのか
かなり興味津々といった雰囲気でした

その後、ペンバートンでトラムに乗りました。
ちっちゃなトラムで林の中を走り抜け、爽やかな気分に…
日本人の女の人と同じトラムに乗り合わせました。
オーストラリアはワーキングホリデーで沢山の日本人が来ているせいか
今回の旅行中、日本人に会う率はかなり高かったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早朝ピナクルス

2005年02月17日 | 
      

朝早くピナクルスに到着すると、そこは貸切でした
ちょっと雲が厚い日でしたが、それもまた幻想的な雰囲気でした。

昨日に続きローングドライブでワルポール方面を目指します
途中、昼食の為、マンジュラのショッピングセンターに寄りました。
どっかで見た事があると思ったら、1週間前にも買い物に来た所でした。
そしてまた同じお店でお買い物…。
「日本人なんて、あんまり来ないだろうし…
もしかしたら引っ越してきたと思われてるかもねぇ」などと話していたら、
イカリングをおまけしてくれていました
引越し祝い??っていうか、すでに顔なじみ??

次の休憩ポイントでは、ダンナさんが初日に行ったライブで聞いて
気に入ったというバンドのCDを購入しました。
といっても、本気のうろ覚え。
「ウォウ、ウォウ~(←忠実に再現。)っていう曲、ありますか?」
という無謀な質問に快く対応してくれた店員さん、どうもありがとう
ちなみにこのCDはPOWDERFINGERというシドニー出身のバンドでした。

さて、今日はワルポールの手前(と言っても180km)のホテルに1泊。
初めてです、ホテルそしてベッド、6日ぶり
そうです。新婚旅行中です…念のため(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

移動日

2005年02月16日 | 
エクスマウスからパースへ帰り、レンタカーを借りてピナクルスへ
6:30PM頃ピナクルスの近くの町に到着し、キャラバンパークに宿泊。

エクスマウスでは、夜ドライブすると道路わきでカンガルーがピョンピョン
はねているのが視界に入ったり、羊が道路を横断していたりして
ハンドルを握り締めて超安全運転でしたが、パースからピナクルスへの道は
そんな緊張からも解放され走りやすかったです。

でも、1日中のドライブは疲れました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイビング

2005年02月15日 | 
ダイビングへ行きました。
シュノーケルでも充分に楽しめましたが、海の中はやっぱりステキ

実は、久々のダイビングで、器材のセッティングすら
おぼつかない感じでしたが    あぶない…。

コーラルベイというだけあって、その名の通り、一面、珊瑚だらけでした。
ここの珊瑚を目にしてしまった今、過去のダイビングで見たテーブル珊瑚は
ちゃぶ台だったとしか言い様がありません(笑)
とにかく、ものすご~く大きな珊瑚たちでした。
テーブルはもちろん、岩のような塊の珊瑚もゴロゴロしていました

そんな中、1番の衝撃はサメを2匹見たことです。
1メートルくらいでしたがダイビング中にサメを見たのは初めてで
興奮しました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シュノーケルwithマンタ

2005年02月14日 | 
その名の通り、マンタだけに的をしぼったツアーでした。
最初は間近で泳ぐマンタに感動でしたが、けっこう波もあるし
追い続けるのは意外と大変

私たちの他は全員外国人…。
もしや…とは思いましたが、やはり追いかける、追いかける
ドルフィンスイムに続き、ほんとに、あのスタミナには脱帽です…

帰りにvisiter's noteを書いていたら、2週間くらい前に
日本人のお客さんが来ていました。
でも、ここは日本人率がかなり低いと思います。
と言いつつ、その夜、キャンプ場のキッチンで、金髪のカワイイ女子たちに
「私たちの事をどう思う?正直にいいなさい!」と迫られている
大学生くらいの日本人(男子)を見かけました。
「I think…ユーアービューティフルガールズ」でナンパ成功。
まぁ、客観的には金髪ギャルパワーにおされ気味の感じでしたが…
楽しそうだぁ、若者
コメント
この記事をはてなブックマークに追加