虫をさがしに…

All of my friend insects are unique and all are amazing!

spring ephemeral

2019-04-19 | >ドロバチ





 新緑の五月が近づく。どろばちの季節がはじまる。石垣の乾いた泥を集めるハチがいました。おおきさ7ミリ、ハムシドロバチのなかまです。近くの茅ぶき屋根に営巣するサイジョウハムシドロバチでしょう。年1化、春だけのドロバチ。なにもカタクリやギフチョウだけが春の主役ではありませんよ。




コメント

竹の子

2019-04-18 | >ざつだん





 なんという竹かわからない。食べられる竹だとしても、ここまで育ったら無理がある。bamboo shoots(筍・たけのこ)とは、竹の新芽、若芽のことですから。

 むかし、捕虜に竹の子料理を出したら、戦後の裁判で訴えられたという話がある。竹を食べさせられた(捕虜虐待)ということらしい。高級食材を白人どもに食わそうとしたのが間違い。もったいない話だ。

コメント

犬も歩けば・・・

2019-04-17 | >ハキリバチ





 歩け歩けの歩数稼ぎでまわり道。歩道沿いの生け垣です。ツツジなのかサツキなのか? やわらかそうな葉っぱになかが抱きついてる。もしかして、ハキリバチか? 

 ほとんど一瞬のできごとだった。葉っぱに乗ったハキリバチ(ヤマト?)は高く舞い上がっていった。それっきり、もう帰ってこない。薄暗くなってきた。夕食が恋しいから家路につく。

コメント

ぼーっとしてる場合じゃないぞ

2019-04-15 | >ざつだん





 木々が芽吹くころ、もう、メスを探して枯れ草の中を飛び回っているハチがいる。サイジョウハムシドロバチのオスだ。疲れるとちょっとだけ休憩する。おおきさ6ミリぐらい。メスとの出会いはあったのだろうか? がんばれ!どろばち男子!

コメント

はばち科はばち亜科の虫

2019-04-15 | >ハバチ・キバチ





 着地してしばらくは翅を畳まないから、上手く撮れて胴体が見える。腰の両側に白紋がある。その他は真っ黒。毎年今頃、ここにはコシジロハバチか、セリシマハバチが飛ぶ。さて、こいつはいったい何者?





コメント