スノーレオパードなブログ

世界最軽量のイクィップメントを開発しているマウンテニアリングスキーメーカー〔ディナフィット〕の新製品やお店の紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

先週末は・・・

2009-05-25 10:17:02 | NEWS
先週末は、Dynafitチームミーティングという名の宴でした。

Nolly山岸、Hiro石坂、Osuke三浦の3人が、深川のもんじゃ屋に集合。

なぜ、深川かというと、単純に僕の家の近くだというため。
なぜもんじゃ屋かというと、もんじゃの食べ方、作り方を知らないからという、
Nolly&Hiroのリクエストによるもの。

もんじゃの礼儀作法を勉強しながら、イクィップメントの事、今季の山行の事、来季のイベントの事、海外の状況、世界に誇れる日本のルートの事、などなど 熱く語ったあっという間の4時間でした。

ここ、1,2年でさらに進化したDynafitの軽量イクィップメントは彼らの行動範囲を大きくひろげ、新たなチャレンジや未開の場所へのアプローチへのアイデアが次々と浮かんでいるようです。

コメント

DYNAFIT IN THE HOUSE

2009-05-14 11:50:13 | お知らせ
気温もグングンと上がり、山に行っても滑るより歩きが多くなってきたこの頃です。

そろそろ、冬用具に夏眠の支度をしようという時期に、また各地で始まります。

New Model展示会!!

昨シーズンは、ブーツサイズが揃わなかったり、ACCがなかったりでしたが、

今年は、ある程度ブーツサイズを揃えてますので履き比べ、フィッティングができます。

DEMOスキーにビンディング付けて展示しますので、どのくらい軽いかも実際に体験できます。

もちろん、私もアテンドしてます。

Dynafitに興味ある方も、もうすでにご使用の方も、ぜひお越しください。

現在のスケジュール

6月11日~14日 ICIカスタムフェアー東京  有明TOC
6月19日~21日 パドルクラブ展示会      札幌アクセス
6月26日~28日 ミツハシ展示会        ミツハシ京都烏丸御池本店
7月 3日~ 5日    未定
7月10日~12日 クレブ展示会         新潟クレブ六日町店
7月18日~19日 ICIカスタムフェアー池袋  池袋サンシャインシティー

詳細な場所、日程は各店にご確認ください。

  
コメント

Ski alpinist三浦大@利尻

2009-05-11 17:24:11 | チャレンジ記録
スキーアルピニスト 三浦大介からのレポートです。


今年のGWはついに念願の利尻へ。

日本最北端、孤高の山、単独初見参でした。

剣、穂高に勝るとも劣らずアルペン的な風格のある素晴らしい山ですね。

私の印象は風、風、風の山。

キチガイ風と地元で恐れられる風が吹きまくりました。とてもまともに立っていられない。


そんな5日間でしたが、なんとか間隙を縫って2回ほど登頂に成功。

そのうち一回は山頂から東面、東ノ大空沢(オチウシナイ)へダイレクトにドロップ。

踏みかえ点のある急峻でテクニカルなライン。久々にエキサイティングな滑降となった。

悪魔の住処、利尻の真髄を垣間見みました。
三本槍の悪魔の指先、ニードル状奇岩群とルンゼゲートに聳えたつ大きくくりぬかれた窓をもつ巨大岩峰等々。

かってに内院に入り込んで悪魔が怒った。

雪崩だ!

山岳スキーヤーとして入魂の一本を利尻に刻めて満足。

遠くて良い山といわれる利尻、ぜひ再訪したいと思います。



コメント

NEWブーツの紹介です。その1

2009-05-07 10:28:25 | PRODUCTS
昨年リリースしたZzeus(ゼウス)に続き同じくオーバーラップタイプのフリーライディングブーツTITAN(タイタン)が登場します。
チタンではありません。タイタンです。
来季09/10シーズンは、Zzeus,TitanそしてウィメンズのGAIAの3機種がオーバーラップタイプのフリーライディングブーツとしてリリースされます。
Zzeus同様にアルペンビンディング、ツーリングビンディング、TLTビンディングに対応します。

さて、このTITAN、機能はZzeusと同じですが、材質を新しい混合ポリウレタンを使用してフレックス硬度130(Zzeusは110)にするとともに、インナーのタング部分にアルペンブーツ同様プラスティックタングを使用しています。
ほとんど、アルペンレーシングブーツです。

いつものNollyノリちゃんがインプレッションを送ってくれたので紹介します。

昨日まで涸沢・立山に行ってきました。
山に居すぎて当分は里に居たいです!!

TAITANとGUIDE SKIの組み合わせで使っていましたのインプレッションを送ります。

4月前半の立山でも感じ、涸沢でも感じたのですが・・・軽量スキーのせいか?完全なアイスバーンでは板が押さえつけられない事が多々ありました。7Summitsを強化したGUIDE SKI ですらコントロールするのが大変でした。

と・・・書きましたが平均斜度40°以上のアイスバーンでまともに使える板を探す方が大変なのですが・・・

TAITANが強すぎるのか?どんな斜面でも、どんな状況でも対応できる気にさせられてしまいます。

実際に、かなり攻め過ぎたせいかビンディングの限界を超えて開放して転倒し肩を脱臼してしまいました。

このTITANはレーシングスキーからパウダー用の極ファットスキーまで問題なく使用できると思います。

ただ・・・極パウダーのラッセルをするときは、ブーツの硬さが硬すぎて、他のDYNAFIT SKI-BOOTSに比べると、少しラッセルがしにくいです。一般的なスキーブーツ(強度130)に比べるとかなり歩きやすいです。

ZEUSはブーツとして最高のポテンシャルを発揮していて、ゲレンデからツアーまで幅広くハイレベルに対応しているのですが、TAITANはさらにZEUSを強化し、ツアーブーツにレーシングブーツの性能を求めている方に十分に答えてくれるはずです。

今後、このTAITANに負けないスキー板が、DYNAFITから出ることを期待しています。(MANASLUを超えるファットスキーかな?)


ノリちゃん、いつもありがとう~。 ってか、その顔の日焼け、雪焼け・・・
やばくない?  お大事に~。

TITANのレポートはDAWSONさんのサイトで、しっかりレビューされています。英語ですが・・・

ここ1,2年で急速にアルペンブーツ同様の硬さと機能を持ったブーツがリリースされてきました。
スキーをするために登るのだからブーツにだけは妥協できない。
今までの兼用ブーツでは、ファットスキーのパワーに負けてしまう。
そんなふうに思っていた人はぜひTITANを試してみてください。






コメント (1)