鳥待ち日記

あと半年もすると毎日が日曜日になりそう。予想される<晴撮雨ふて寝>予防に、15年ぶりのブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バッティングセンターみたい?

2017-01-03 14:05:18 | 日記
 若い頃は勤め先の近くのセンターに遊びに行ったものです。
 その頃の素人用のマシンは球速がさほどでもなかったのですが、時代が下って息子に付き合った時代のスピードが速かった。
 素人用ですとせいぜい80キロくらいですが、マシンによっては100キロ、110キロなどのものもあった。
 マア、変化球は無いのですからタイミング合えば好いというものの、マシンには人間の投手のモーションが無いのでその分難しい。
 ところでカワセミは幅約30メートルの池を1秒で横断するので、時速に換算すると108キロという事になる。
 これはあの時のバッティングマシーンと同じだ。
 しかもカワセミの飛び出しモーションが分からないし。
 
 これは2日の朝のショット。

 十分に明るくは無いのでポートレート調。
 好い娘に撮れたかな?。
 こういう静止画が難しい、、、私は苦手なのです。
 やはりトビモノが好い。

 林の奥から池の上の枝に飛んでくるところ。
 タイミング、光の当たり方が問題。
 なかなか顔が、、、。

 何度も挑戦

 形は好いが、

 これはセンタの高速マシーン。
 フイのタイミングにも合わせなくてはいけない。









 晴天の日に、開放F値4を5.6ぐらいに絞って尚且つシャッタースピードが5000分の1秒くらいになって、尚且つ枝の10メートルくらい前にはカワセミに気が付かなくては、、、。
 それでも飛行形によっては顔が見えないし。
 止まり木が邪魔になる事もある。

 だから、挑戦が続く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 事故か!? | トップ | 狙いながら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事