議論 de 廃棄物

環境・廃棄物問題の個別課題から問題の深層に至るまで、新進気鋭の廃棄物コンサルタントが解説、持論を展開する。

安田産業の社長が逮捕

2015年02月26日 11時41分13秒 | ニュースクリッピング
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
 本ブログはメルマガでも配信しています。
 お申込、詳細についてはこちらをご覧ください。
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

安田産業の社長の安田奉春氏が、2月18日に京都府警に
逮捕されました(京都新聞)。

安田産業の子会社の大剛の役員として、マニフェストの
虚偽記載容疑の容疑です。現段階ではネットでニュースとして
確認することができません。

容疑を否認しているようですし、まだ何とも言えませんが、
欠格要件の絡みで今後の可能性を考えます。

①安田氏が安田産業と大剛の役員を辞めずに、有罪が確定した場合
⇒安田産業と大剛の役員が廃棄物処理法違反で有罪となったのであれば、
 両社が欠格要件に該当します。

 実際は、起訴されたあたりで辞任されるでしょう。

②安田氏が安田産業と大剛の役員を辞めた場合であって
 安田氏だけが廃棄物処理法違反で有罪となった場合
⇒とりあえず、両社は欠格要件にならず
⇒安田氏が黒幕とみなされるなら、欠格該当
⇒不誠実な行為をする恐れがあるとみなされたら、欠格該当

③大剛が廃棄物処理法違反で有罪となった場合
⇒大剛が欠格要件に該当
⇒安田産業への連鎖取り消しはなし
  (マニフェスト違反は連鎖なし)

④京都府、京都市などが裁判の結果を待たずに取り消しする場合
⇒裁判の行方にかかわらず、許可取り消し=欠格となります。

■なお、欠格要件に該当すると、その会社が保有する
 「一般廃棄物収集運搬業の許可」
 「一般廃棄物処分業の許可」
 「産業廃棄物収集運搬業の許可」
 「産業廃棄物処分業の許可」
 「一般廃棄物処理施設の許可」
 「産業廃棄物処理施設の許可」
が取り消しになります。

全国で安田産業は29件、大剛は10件の処理業許可がありますが
これらが取り消しになります。


ちなみに、安田産業は、優良認定を受けていますし、
エコスタッフ・ジャパンの認定も受けています。
ウェブページを見ると、なかなかいい感じです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■編集後記■□■□■□■□■□■□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社全体としては問題ない処理をしているかもしれません。
社長さんの一時の出来心かもしれません。
もちろん、繰り返しますが、誤認逮捕の可能性もあります。

まだ最終的な判断はできませんが、取引がある会社の方は、
今後の動きを注視してください。
コメント (18)