議論 de 廃棄物

環境・廃棄物問題の個別課題から問題の深層に至るまで、新進気鋭の廃棄物コンサルタントが解説、持論を展開する。

大栄環境の和泉RCを見てきました

2017年07月09日 23時25分43秒 | コンサル日誌
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
 本ブログはメルマガでも配信しています。
 お申込、詳細についてはこちらをご覧ください。
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

※お知らせ※※※※※※※
メルマガ配信を、現在の方法からGoogleグループ経由に変更する予定です。
後日ご招待メールが行きますので、よろしければ承諾お願いします。
※※※※※※※※※※※※

大栄環境の和泉リサイクルセンターを見学しました。

大栄環境と言えば、
産業廃棄物処理業の振興方策に関する提言」の取りまとめについて
産業廃棄物処理業の振興方策に関する提言(概要版)
の16ページの売上高上位10社のリストにある通り、

「大栄環境単体で、産廃業界の売り上げ第3位」
であり、
「グループ会社の三重中央開発も含めれば業界No.1」
という会社です。

ちなみに我がスズトクグループ内には、売上が上位10位以内に
ランクインする会社がありますし、グループを合計すると相当な上位
ランクに入りますが、有価物の扱いが多いのでこの統計から外れて
います。釈然としませんが。。。

さて、和泉はそんな大栄環境の創業の地だということで、
多種多様なリサイクル施設があるだけでなく、埋立中+埋立完了後の
跡地利用中の最終処分場があり、なるほど処理業界の色々を
一気に見ることができる稀有な場所でした。
http://www.dinsgr.co.jp/business/sv_nt/group_rc_izumi.html

しかし、私がそれより感銘を受けたのは、住宅どころか、
農業用水池のすぐ近くに最終処分場を造ったということです。
丁寧に、誠実に説明をして、信頼関係を構築して反対運動を
乗り越えた、その根気と熱意はただ事ではないと思いました。
安倍さんと菅さんには爪の垢を煎じて飲んでほしいものです。

そしてそれを成し遂げた者だけが手にすることが出来る、
成果の大きさも目にしました。敷地いっぱいに建屋を建設し、
(たぶん)すべての作業をその建屋内で行い、清掃を徹底し、
来客対応を含め隅々まで行き届いた社員教育は、その根気と
熱意の賜物なのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■編集後記■□■□■□■□■□■□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
それにしても、人間、簡単にあきらめてはいけないと思いました。
特に、「廃棄物」だということだけで話が前に進まない仕事も
ありますが、大栄さんのこれまでの実績に勇気を得て、
真摯にコツコツと仕事を進めていこうと思いました。

さて、水銀廃棄物関連の資料が、以下に公開されています。
環境省が先月行った説明会のPPT資料はあります。社内説明用としても
使える部分があるでしょう。
説明会場では、Q&A集もアップされると説明があったのですが、
まだのようです。
http://www.env.go.jp/recycle/waste/mercury-disposal/index.html

水銀使用製品産業廃棄物の対応方法は、石綿含有産業廃棄物と似て
来ると思います。

石綿含有産業廃棄物の場合の例


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 法改正解説セミナーのご案内 | トップ | 電子マニフェストの新規機能 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
  (774)
2017-07-28 10:07:25
こんにちわ、情報を得るきっかけとして度々拝見させてもらっております。いつもありがとうございます。

記事の主題からずれてしまいますが、この石綿含有産業廃棄物の配布資料を見ますと、非飛散性のアスベストが含まれたら記載しなきゃいけないんだ!って見えてしまいますよね。
"石綿をその重量の0.1%を超えて含有するもので"非飛散性アスベストだとしても記載しましょうねってことでしょうけど。
その重量0.1%もパッキンに練り込まれてたりすると、パッキンの重量?パッキン内の石綿の重量?とか、悩むことばかりです。
水銀使用製品産業廃棄物はそんなことにならなければいいなあと思いながら記事を見ておりました。

有価物を入れないのは「処理業」として見ているからなのでしょうけど、有償と有価を区別して考えているようではリサイクルとしては片手落ちです。
お金を投入せざるを得ない部分なのでいかに無駄なことをさせようかって思惑が見える気がしてなりませんね。
非飛散性アスベスト (堀口昌澄)
2017-07-28 10:44:08
コメントありがとうございます。

非飛散性アスベストは、おっしゃるとおり、石綿含有産業廃棄物ということで、契約書やマニフェストに記載する必要があります。
基本的には、パッキン内の石綿の重量で考えることになります。

水銀使用製品産業廃棄物は、品目で指定されますので、含有量は関係ありませんので、おそらくその点ではそれほど心配はないでしょう。

有価物は別という考えは、おっしゃる通りガラパゴスな発想です。5年後の改正の際には、グローバル基準にもっと近づいてくれるとよいのですが。

コメントを投稿

コンサル日誌」カテゴリの最新記事