じざいや的日常~きものがたり~着物が織りなす素敵な物語  

元町の着物屋・じざいやの紹介と着物で過ごす日々のこと。
犬猫や食べもののことなぞも織り交ぜて。

大島紬の見分け方 昨日の大島紬を改めて・・・ 地空き・ヒトモト・マルキについて

2014-01-07 16:50:25 | 元町じざいや日記

じざいやの最新情報はこちらから。

 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へにほんブログ村
ランキングアップにご協力を!! 今日も1ポチ!!

じざいやのFBページ にもいいね!をお願いします~

****** 

こんにちは じざいやのさくらこです。

横浜元町・普段きもののじざいやへようこそ!

 お正月も済んで 次の連休まで ちょっと中だるみ・・・

 でも 今日は初めてのお客様がご来店くださいまして

 楽しいひと時を過ごさせて頂きました

 お客様と 着物談義で あーだ、こーだお話するのは楽しいです。

 着物以外のお話もしますけどね^^

 

 昨日、辻が花の帯に 大島紬を合わせてアップしましたら

 FBの方で 大島紬に反応して下さった方がいらしたので

 改めて 大島紬のご紹介です。

 
 本泥の本場大島紬 ヒトモト絣です。

 昨日は 小倉さんの帯が主役でしたけど

 今日は この大島の楽しい柄に合わせて こんなコーディネイトを。

 
 横段を 五線譜に見立てて(4本と6本なんですけど^^;

 音楽繋がり、ってことで 猫の四重奏を刺繍した名古屋帯です。

 楽しそうですね

 大島紬、お母様やおばぁ様が着物を着ていたお家では

 大抵 1枚はお持ちなのではないでしょうか。

 かつて 紬の代名詞で いつかは大島・・・とも言われました。

 今は ネットで ピンからキリまで見かけますが

 実は 生産量が激減している紬でもあります。

 中でも 本当に質の高い本場大島紬は ほとんどありません。

 奄美にあった 大島紬の織り子さんの養成学校も廃業してしまい

 新しい若い織り手さんが育たない現状です。

 何度も書いてるので またか、と思われちゃうかもしれませんが

 大島紬を語るのに 地空き・ヒトモト・マルキ・ のキーワードがあります。

 長くなるので ヒトモト    マルキ  はリンク先の 過去ブログをご覧ください

 今回は 地空き。

 地空き。読んで字のごとく 地の空いた柄のことです。

 絣の柄って なんだか 反物いっぱいに 沢山柄がある方が

 織るのが大変そうで 高価に思えたりもしますが

 (本場結城紬は 絣を1つ1つ手で括るので 括った箇所の多い柄の多いものが高価です)

 大島紬の場合 絣は手で括りませんので

 織る手間としては 柄と柄が開いている方が

 1か所ズレてしまうと ごまかしが効かないので大変なのです。

 ごちゃごちゃと柄がくっついていれば 次の柄がすぐに出てくるので

 織りながら直すことが出来るのですが

 柄の後 無地が多くて 忘れたころ?に 柄が出てきた場合

 もし 絣がズレていたら 直すのは困難です。

 なので 大島紬の場合は 地空きが 織るのが難しく高価、ということになります。

 手間賃ですからね

 手間暇のかかった大島は 糸質から吟味されていますから

 手触り 光沢が違います。

 しっとりと 吸いつくような風合いで 大島にありがちな金属質な光沢でなく

 糸本来の柔らかな光を放ちます。

 

 

 ヒトモト絣の 手裏剣のような星型お絣が見えますね

 泥染め本場大島紬  880,000円 → 616,000円

 猫の四重奏刺繍帯 298,000円 → 208,600円

*****

じざいやは、ブログ村ランキング参加中です!
下の「着物・和装・業者」というバナーか、「にほんブログ村」という文字をクリックして下さい。

ブログ村ランキングページへ飛びますので、そうしたら1ポイント入ります。(inポイント)
次にブログ村の「きものがたり」じざいやブログのところをクリックしてこのページに戻りますと、outポイントが付きます。
応援、ありがとうございます!

 


最新の画像もっと見る

コメントを投稿