時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

1種類の数式だけで、たくさんのセルの値を連結

2015年01月14日 | エクセルとの連携
【作業時間を短縮し、仕事を効率化するパソコン活用】
前回の方法では数式が2種類になりました(2015年1月9日からの続きです)。
単純に左のセル(A2)と同じ内容を表示する
  =A2 と
上のセル(B2)と左のセル(A3)を連結する
  =B2&A3 です。
これを1種類の数式で処理できれば、無駄がないですよね。

今回のシートでは、B1セルが空いています。つまりB1セルには何も入力されていないことを前提にしています。
何も入力されていないB1セルと「子」と入力されているA2セルを連結すると、A2セルと同じ「子」が表示されます。

だから、B2セルに
  =B1&A2
と入力してもいいわけです。
前に作成したB3セルの数式の行がずれただけです。
  =B2&A3

このB2セルをB3セルからB13セルにコピーします。
これだけの作業で完了です。とても効率的ですね。



ただし、B1セルに項目名や他のデータなどが入っている場合はこの方法は使えません。
それと数式を入力するセルが1行目の場合は、その上の行は無いので、この場合もこの方法は使えません。
そのような場合は、前回の方法か、また別の方法を利用します。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

          <前へ>  <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« たくさんのセルの値を連結す... | トップ | CONCATENATE関数でセルを連結... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事