時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

翌日はプラス1

2015年03月31日 | エクセルとの連携
【プライスカードも 「はりの助」】

日付を入力したセルの表示を曜日に変える方法は「曜日の表示方法」 [2015/03/25]で説明しました。
行事予定表の曜日の欄に(曜日を表示する)書式を設定しておき、先頭のセルに日付を入力して欄の最後までドラッグすると曜日は完成です。
でも月や年が替わるたびにドラッグ操作するのでは、曜日の文字をドラッグするのと同じ手間です。

曜日欄の先頭のセルを変更するだけで残りの曜日欄も変更されるようにします。
曜日の列がB列で、先頭がB2セルとします。
曜日欄には曜日の書式設定をしておきます。
曜日欄を全部選択して「曜日の表示方法」で設定すると一手間ですみます。


B2セルに「4/1」と入力します。
B3セルに
  =B2+1
と入力します。

日付は連続した数値で、1増えるごとに次の日になります。
上の式を入力することで、B3セルはB2セルの翌日になるのです。
B3セルをコピーして残りのセルにコピーします。

こうするとB4セルはB3セルの翌日になります。
B5セルはB4セルの翌日です。
これで連続した日付ができました。
曜日欄は完成です。

B2セルを「5/1」や「2016/4/1」などに変更して、曜日がきちんと変わっていることを確認して下さい。
上図のサンプルファイルをダウンロードできます。
「sample_150331.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« セルの値を比較する | トップ | サンプルファイルについて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事